ここから本文です

ファン・ペルシー、フェネルバフチェ退団か…会長が容認「彼が望むなら」

SOCCER KING 6月30日(木)17時2分配信

 フェネルバフチェに所属するオランダ人FWロビン・ファン・ペルシーが同クラブを退団する可能性が出てきた。イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が29日に報じている。

 報道によると、昨年7月からフェネルバフチェでプレーしているファン・ペルシーについて、同クラブのアジズ・ユルドゥム会長がコメント。同会長は「彼が売却されることを望むなら、我々は買い手を探す」と話し、移籍を容認する姿勢を示した。

 今回の報道では移籍先候補については言及されていないものの、今月上旬のトルコメディア『Haberler.com』が報じたところによれば、ラツィオが移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)のオファーを用意しているようだ。同選手は移籍に前向きな姿勢を見せており、過去の移籍における決断に大きな影響を与えてきた妻のボウハーさんも、イタリア・ローマ(ラツィオの本拠地)へ移住することを歓迎していると報じられていた。

 ファン・ペルシーは1983年生まれの32歳。エクセルシオールとフェイエノールトの下部組織出身で、2002年にトップチームでデビューを果たした。2004年にアーセナルへ移籍し、2011-12シーズンにはプレミアリーグ得点王を獲得。2012年夏にマンチェスター・Uへ移籍した。マンチェスター・U加入1年目の2012-13シーズンには、2年連続となる得点王獲得を果たし、リーグ優勝に貢献。2015年夏にフェネルバフチェに移籍し、2015-16シーズンは公式戦通算22ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月30日(木)17時2分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。