ここから本文です

指揮官の信頼に応えた“10番”矢島「まだまだ成長できる」

ゲキサカ 6月30日(木)0時9分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本平]

 10番を背負った男は、見事に結果で応えた。手倉森ジャパン発足から10番を背負ってきたFW中島翔哉(FC東京)が負傷離脱中の5月のガーナ戦、続くトゥーロン国際大会で10番を託されたU-23日本代表MF矢島慎也(岡山)は、背番号にはこだわりはなかった。

 しかし、手倉森誠監督の期待の大きさは十分に感じている。「テグさん(手倉森監督)が10番をくれたというのは、信頼してくれていると思っている。だから、まずはその期待に応えないといけない」と試合前日に意気込みを示していた。

 左サイドハーフとして先発出場すると、的確なポジショニングでパスを呼び込み、シンプルかつ正確なさばきで攻撃にリズムをもたらす。前半30分には先制を許しながらも、同37分には中盤から飛び出したMF大島僚太(川崎F)にスルーパスを通し、FW中島翔哉(FC東京)の同点ゴールの起点となる。

 そして、前半45分には自らネットを揺らした。左サイドの中島からサイドチェンジを受けると、「(室屋)成がオーバーラップしてきたのは分かっていた」と右サイドを駆け上がるDF室屋成(FC東京)に展開。自らはゴール前に走り込み、室屋の折り返しを右足で合わせて勝ち越しゴールを奪った。「イメージ通りの崩しだった」と満足気に振り返る。

 手倉森ジャパン発足当初からの常連メンバーは「最初から選ばれているけど徐々に成長できているし、点も取れるようになってきた。ただ、まだまだ成長できると思っている」とリオ五輪最終メンバー入りを果たし、さらに成長した姿を本大会で見せようとしている。

最終更新:6月30日(木)0時9分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報