ここから本文です

激戦のSB争い…痛恨ハンドでPK献上の亀川「あとはテグさんが選ぶだけ」

ゲキサカ 6月30日(木)0時10分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本]

 出鼻をくじかれた。試合開始早々の前半2分、南アフリカは右サイドに開いたFWタペロ・モレナが俊足を飛ばして縦に突破。対峙したDF亀川諒史(福岡)をスピードでちぎってゴール前にクロスを送った。

 センタリングは味方に合わなかったが、「ファーストプレーで相手の8番(モレナ)にスピードに乗られたところで、こんなに速いんだとビックリした」(亀川)と浮き足立ったことが、失点シーンへの伏線となった。

「そこをケアしないと、と切り替えたところでハンドの場面だった」。前半29分、南アフリカは自陣からシンプルにロングフィードを送ると、PA内で対応した亀川の胸トラップがハンドを取られ、先制点につながるPKを与えてしまった。

「最初は相手が競りに来るかなと思ったけど、自分がかぶるのを待っていたので、胸トラップで反転しようとした。副審からも見やすい場所だったし、セーフティーにヘディングで行くべきだった」

 ミスを帳消しにしようと、その後は懸命にプレー。前半35分には左サイドから中に切れ込み、右足でミドルシュートを打ったが、ゴール左に外れた。守備でも「8番の選手が攻め残りをしていたので、むやみに上がるとカウンターでピンチになる」としっかりバランスを見て、モレナのスピードに対応した。

 とはいえ、「今日の試合は不完全燃焼に終わった」というのも本音だろう。後半22分にはDF松原健と交代。サイドバックはDF室屋成が故障から復帰し、オーバーエイジとして左サイドバックが本職のDF藤春廣輝、センターバックとの併用が予想されるDF塩谷司も加わる激戦区だ。

「あとはテグさん(手倉森誠監督)が選ぶだけだし、自分は結果を待つだけ」。リオデジャネイロ五輪に出場する本大会メンバー18人は7月1日に発表される。最後のアピールを終えた23歳は静かに運命の時を待つ。

最終更新:6月30日(木)1時34分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]