ここから本文です

DF橋本、ラストチャンスでのプレーに「後悔はない。気持ちは晴れている」

ゲキサカ 6月30日(木)1時38分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本平]

 最後のアピールの場。与えられた時間は39分間だった。後半6分からピッチに送り込まれたDF橋本拳人(FC東京)は、ボランチの位置に入って攻守に渡って奮闘した。

 後半開始直後での投入ということもあり、試合に入る難しさはあっただろうが、ボールを受けたときには縦パスを打ち込んで攻撃をスピードアップさせようと試み、守備面でも鋭い寄せでボールを奪い取る姿も見せた。

 縦パスを打ち込む姿勢は「ワンタッチで前につけるのは、テグさん(手倉森誠監督)が要求しているので、そこは何度か出せた」と振り返りながらも、相手の攻撃がロングボールが多くなったこともあり、持ち味であるボール奪取の場面は限られた。

「もっともっとボールを奪えれば良かったし、自分の良さのインパクトは欠けるかなと思う」。しかし、「プレッシャーに行くときは思い切りいこうと思ったし、相手に前を向かせないプレッシャーの掛け方やセカンドボールを拾うポジショニングはできたと思う。悔いはないので、出し切りました」と自分ができることはピッチ上で示したと振り返る。

 4月に行われた静岡キャンプで手倉森ジャパン初招集を果たした。続く佐賀キャンプでも選出され、トゥーロン国際大会では涙をのんだものの、国内ラストマッチとなるU-23南アフリカ代表戦のメンバー入りを果たした。

 所属するFC東京でもコンスタントに出場機会を得ており、招集された当初と比べると、「この2、3か月で成長できている」と自身の成長を実感。「最後のチャンスを与えてもらっただけでも幸せだし、その中でやり切ることができたので、本当に後悔はないし、気持ちは晴れています」。あとは、2日後に迫った最終メンバー発表を待つだけだ。

最終更新:6月30日(木)1時38分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]