ここから本文です

4発快勝の“晴れ晴れしい結果”も…手倉森監督「自分の気持ちだけ晴れない」

ゲキサカ 6月30日(木)3時32分配信

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本平]

 国内ラストマッチで4-1の大勝。負傷から復帰したFW中島翔哉(FC東京)が2得点の活躍を見せ、同じく負傷から戻ったDF室屋成(FC東京)が1アシストを記録するなど、大きな収穫もあった。試合後、手倉森誠監督は「晴れ晴れしい結果」と満足気に振り返りながらも、「自分の気持ちだけが晴れない」と最終選考に向けて嬉しい悲鳴を上げた。

 負傷明けとは思えないようなキレ味鋭いプレーを見せ、攻撃にアクセントを加えるだけでなく、2得点と結果を残した中島については「様子を見たくて先発させたけど、切れ味もあるし好調だった。相変わらずここに来ると結果を出す選手」と称賛。また、10番を背負って1得点を挙げたMF矢島慎也(岡山)にも言及しており、「ゲームを決定付けられる仕事はものすごく伸びた」と同じく賛辞を贈っている。

 五輪本大会のメンバーは、最終予選の23人から5人も減り、わずか18人の狭き門となる。さらにオーバーエイジに3人が内定しており、U-23世代の選手は15人しか選出されない。多くの選手が涙をのむことになるが、指揮官は「託す側と託される側に分かれるだけで、決して落とされたり、外されたりという話ではない。託す側になった選手は、ここからA代表を目指すだけ」と選手たちに言葉をかけたようだ。

 2日後の7月1日にはリオ五輪最終メンバー発表が控えている。「より厳しい決断をしなければならない。これまでは肩に力を入れないようにニコニコやってきたけど、ここからちょっと厳しい顔にならないといけない」と最後まで頭を悩ませる。

最終更新:6月30日(木)3時32分

ゲキサカ