ここから本文です

『デスノート』、NETFLIXオリジナル映画に!米&カナダで撮影開始

cinemacafe.net 7月1日(金)0時0分配信

藤原竜也&松山ケンイチによる実写映画をはじめ、窪田正孝主演のドラマや、東出昌大&池松壮亮&菅田将暉らで贈る完全新作続編映画…と、永きに渡り日本で映像化される大人気コミック「デスノート」。この度、ハリウッドでも期待を集めている注目の若手サスペンス・ホラー監督のアダム・ウィンガードがメガホンを取り、NETFLIXオリジナル映画『デスノート』を製作することが決定。既に撮影がカナダとアメリカでスタートしたと発表された。

【写真】ライト・ターナー役のナット・ウルフほか

原作は、日本で言わずと知れた“原作・大場つぐみ×作画・小畑健”による漫画「デスノート」。ストーリーの主役はある男子高校生。彼はある日、“このノートに名前を書かれた人間は死ぬ”と書かれた1冊の「デスノート」を手に入れる。神のような力を手に入れたことに陶酔した彼は、その恐ろしい力を持つノートを利用し、生きる価値がないと思う人間たちを殺し始めるのだが…。日本では、月(ライト)とLの死から10年後を舞台に、原作に存在しながらもこれまで触れられてこなかった“6冊ルール”に踏み込む最新映画『デスノート Light up the NEW world』の公開を10月29日(土)に控えており、東出さんら最旬俳優陣の出演に加え、“ミサミサ”こと弥海砂役を再び戸田恵梨香が演じることでも話題を集める。

そんな中、『デスノート』がNetflixオリジナル映画として製作されることが決定。監督を務めるのは、『ザ・ゲスト』『サプライズ』で知られるウィンガード監督。プロデューサーは『ザ・リング』のロイ・リー、『LEGO(R) ムービー』のダン・リン、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のジェイソン・ホッフス、そして「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」のマシ・オカが担当。

出演陣は、ライト・ターナー役に、『きっと、星のせいじゃない。』『パロアルト・ストーリー』のナット・ウルフ。ミサに当たるミア・サットン役に、「The Leftovers/残された世界」のマーガレット・クアリー。L役に、『ショート・ターム』『ストレイト・アウタ・コンプトン』のキース・スタンフィールド。そのほかワタリ役に、ポール・ナカウチ (「アルファ・アンド・オメガ」)、総一郎に当たるジェイムズ・ターナー役にシェー・ウィガム (「エージェント・カーター」)が集結。

ウィンガード監督は「今回、このような素晴らしい俳優陣と組むことができて光栄に思います。原作者である大場つぐみさんと小畑健さんのオリジナリティあふれるストーリーを、全世界に届けられることを楽しみにしています」とコメント。さらにプロデューサーのロイ・リーとダン・リンは「私たちは『デスノート』の原作漫画ファンのために、この魅力的なストーリーをぜひ映画にしたい、そしてこのダークでミステリアスな傑作を世界に紹介したい、そう願い続けてきました」と明かし、「今回、多様性に富んだ才能あるキャスト、脚本、製作チームが集結したことで、我々が目指すストーリーコンセプト、すなわち“正義とは何か”という全世界共通のテーマを、忠実に描くことができると考えています」と意気込みを寄せた。

Netflixオリジナル映画『デスノート』は、2017年、Netflixにて全世界ストリーミング開始予定。

最終更新:7月1日(金)0時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。