ここから本文です

<内村航平選手>リオ五輪で団体「金」目指す 「金メダルを持って帰りたい」

まんたんウェブ 7月1日(金)11時56分配信

 リオ五輪体操男子日本代表の内村航平選手、加藤凌平選手、田中佑典選手、山室光史選手が1日、東京都内で行われた所属するコナミスポーツクラブの「リオデジャネイロオリンピック壮行会」に出席。内村選手は同五輪での団体金メダルを目標に掲げ、「ミスのない演技を心掛けて、団体金メダルを日本に持って帰ってきたい」と力強く語った。

【写真特集】“イケメン”加藤凌平選手も登場

 今回で3度目の五輪出場となる内村選手は、「ずっとこの目標を言い続けてきて昨年の世界選手権では取ることができたけれど、オリンピックでは団体金を取ったことがなく、オリンピックは世界選手権と違って(代表選手は)5人でさらに過酷な状況で戦わなければいけないが、5人中4人がコナミの選手で、日本代表というよりは“チームコナミ”として戦えるので、いつもどおり自分たちの実力を発揮できれば、団体金メダルはそんなに難しくないことだと思っている」と自信を見せた。

 加藤選手、田中選手、山室選手も同じく「団体金メダル」を目標に掲げ、加藤選手は「ずっと(内村)航平さんと代表をやってきて、航平さんの団体金に対する(思いの)強さを知って、僕も一緒に頑張ろうという気持ちになっている。世界選手権では金を取ったけど、オリンピックではまだ獲得できてないので、この“チームコナミ”の力をしっかりとオリンピックの舞台でも出して、金メダルを獲得したい」と意気込んだ。

 壮行会には、同じく同社水泳競技部所属でリオ五輪に出場する競泳の藤井拓郎選手、水泳オープンウオーターの貴田裕美選手も出席した。

最終更新:7月1日(金)13時52分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。