ここから本文です

「馬前総統にノーベル平和賞を」 元国策顧問が働きかけへ/台湾

中央社フォーカス台湾 7月1日(金)11時56分配信

(台北 1日 中央社)馬英九前政権で総統府の国策顧問を務めた人々が組織した親睦会は6月30日、会の設立に合わせて、馬前総統がノーベル平和賞を受賞できるよう働きかけていく考えを明らかにした。

同会は、昨年11月にシンガポールで行われた馬氏と中国大陸の習近平氏の歴史的な会談は、両岸(台湾と中国大陸)の平和的な交流の証しだと強調。国際社会における中華民国(台湾)の存在感を大幅に高めたと称賛している。

国策顧問は、総統によって任命され、それぞれの専門分野から総統に政策提言などを行う。

(謝佳珍/編集:杉野浩司)

最終更新:7月1日(金)11時56分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。