ここから本文です

【Krush】堀尾が再起戦、相手は凶暴ファイター

イーファイト 7月1日(金)1時53分配信

 8月20日(土)名古屋国際会議場イベントホールで開催される格闘技イベント『Krush.68 ~in NAGOYA~』の追加対戦カードが、6月30日(木)都内で行われた記者会見で発表された。

【フォト】この会見の模様

 前Krush -55kg王者・堀尾竜司(TRY HARD GYM)の復帰戦が決定。敵地・名古屋に乗り込み、地元の倉崎昌史(GET OVER)と再起戦を行う。堀尾の16勝(5KO)5敗2分に対し、倉崎は3勝(1KO)3敗。

 大会実行委員長の佐藤嘉洋は、「倉崎選手にとっておそらく過去最強の相手だと思う。倉崎選手とはスパーリングをしたことがあって、とても思い切りのいい攻撃を繰り出す凶暴性が溢れるファイター。アツいハートを持つ堀尾選手とかみ合いそう」とこのカードを紹介。

 堀尾は「3月に寺戸選手に負けて陥落したんですが、9月に寺戸選手がチャールズ・ボンジョバーニと試合をするのが正直羨ましい。自分ももう一度トップ選手がしのぎを削る場所に行きたいので、つまづかないように再スタートを切りたい」と挨拶。

 倉崎のことは「58kgでもやっていた選手でフィジカルの強さがある。強い一発を持っている」と評し、「負けてから次の試合までこんなに長く空いたのは初めて。悔しい気持ちを持ったままでずっと練習を重ねてきたので、今までで一番強い自分を見てもらえます」と、再起戦での勝利に自信満々。

 対する倉崎は「堀尾選手は前回王座から陥落しているけれど、トップ中のトップ。ベルトを獲りに行くくらいの気持ちで試合に臨みたいと思っています。昨年の名古屋大会では負けてしまいましたが、地元で負け試合は見せられない。絶対に勝ちに行きます」と、地元での勝利を誓った。

最終更新:7月1日(金)1時53分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]