ここから本文です

667ydを2打でグリーンオーバー 松山英樹は新1Wに及第点

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月1日(金)9時2分配信

世界選手権シリーズ「WGCブリヂストン招待」が30日(木)、オハイオ州のファイヤーストーンCCで開幕した。新しい1Wを実戦投入した松山英樹は3バーディ、3ボギーの「70」(パー70)。後半の巻き返しが光り、イーブンパーの18位タイで滑り出した。

【画像】松山も飛ぶ!と認めた新ドライバー「スリクソン Z565」

直近2試合で予選落ちを喫した松山はこの日、3本のクラブを入れ替えた。1Wはダンロップスポーツの「スリクソン Z565」。5W(UT)に替わるクラブにはテーラーメイドの「M2ツアー アイアン(3番)」。パターもオデッセイのセンターシャフトのピンタイプ「ミルドコレクション#2」をキャディバッグに収め、全体の最後の組でティオフした。

出だしは1Wショットを大きく左に曲げる場面が相次ぎ、左ラフからの2打目を池に入れた3番でボギーが先行。8番でバーディを取り返したが、ティショットを左のバンカーに入れた9番から2連続ボギーを叩いて通算2オーバーまで後退した。

粘りを見せたのは終盤のホール。1Wでのフェードボールでフェアウェイをとらえた13番で、2打目をピンそば1mにつけてバーディ。そして667ydの名物パー5、16番では「ストレートから少しドローの完璧な当たり」という1Wショットが炸裂し、下り傾斜も味方につけて363ydドライブを記録した。

すると2打目ではグリーン右手前の池を恐れず、3Wを持つ強攻策。ピンまでは打ち下ろしを計算して残り275yd。フィニッシュで手を離しながら強引にボールグリーン奥のラフまで運び、スタンドは拍手喝采となった。「風がフォローだった。当たり悪かったんで…よく池を越えましたよ。でも、池に入ってもパーが取れるかなと思った。きょうはショートゲームが良かったんで」。ウェッジでのチップインイーグルを惜しくも逃して膝を折ったが、“モンスター”の愛称で知られる難関ホールでバーディを決めた。

ここ最近は、練習と実戦での出来の差を嘆くゲームが続いたが、「この前の2試合に比べれば、きょうは試合と本番の差がなかった。それだけいいスイングになってきたのかなと思った」と手応えがあった。1Wショットでフェアウェイキープに成功したのは12ホール中、4ホールにとどまったが、「(曲がった原因は)打ち手(自分)でしょう。クラブのせいにしたらかわいそう。試合になれば変わるところもあります。ちょっと調整すれば良くなりそう。魅力ですね。(芯に当たると)飛んでましたから」と及第点を付けた。

出遅れを免れ、予選落ちのない4日間を十分に上位で戦えるスタート。「あまり期待せずにここに来た。ケガをしないように頑張ります」と控えめだったが、口ぶりも素振りも、日を追うごとに明るく、軽快になっている。(オハイオ州アクロン/桂川洋一)

最終更新:7月1日(金)12時30分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]