ここから本文です

武田修宏氏 U―23日本代表で気になったのはイージーミスの多さ

東スポWeb 7月1日(金)6時0分配信

【武田修宏の直言!!】リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU―23日本代表は国際親善試合(6月29日、長野・松本)でU―23南アフリカ代表に4―1と圧勝した。五輪1次リーグ初戦(8月4日=日本時間5日)で戦うナイジェリア対策としては良いマッチメークだったし、いい試合になったんじゃないかな。アフリカ選手のスピードやパワー、高い身体能力に対応するには慣れることが一番。序盤こそ押し込まれたが、選手個々にとってはいいシミュレーションになった。

 ただ、南アフリカは個人の能力頼みで組織的ではなかった。日本は4得点したけど、本番で対戦するナイジェリア守備陣は欧州でプレーする選手も多く、簡単には崩せない。速い攻撃だけではなく、ダイレクトでつないだり、パスやランニングのスピードに緩急をつけるとか、もうひと工夫が必要かな?

 気になったのはイージーミスの多さだね。先制を許したPKの場面は自分たちのミスだし、フリーの場面でもトラップに失敗する選手がいた。本番では決して許されないよ。五輪で戦う相手は必ずそこに付け込んでくる。もっと確実にプレーしないと勝ち抜けないだろうね。

 すばらしかったのはFW浅野拓磨(21=広島)。スピードはもちろん、屈強なフィジカルの相手に競り負けず、存在感があった。さすがA代表に選ばれた実力者ってところかな。本番も期待できそうだね。

☆武田修宏:たけだ・のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

最終更新:7月1日(金)7時3分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]