ここから本文です

<速報>広島が横浜DeNAに3発快勝!2位の巨人と9.5差

THE PAGE 7月1日(金)21時14分配信

広島が1日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNA戦で3本塁打の攻勢をかけ6-2で快勝した。相手のミスから先取点を奪い、松山、鈴木誠也、ルナが3本塁打、先発のジョンソンは7回を投げて9安打無四球2失点で8勝目。前日のヤクルト戦で連勝が「11」でストップ、この日から広島を離れてロードゲームが始まったが、チームの勢いに陰りは見えなかった。
   

 広島の勢いが相手チームのミスを誘うのだろうか。
 4回、菊池、松山のヒットで二死一、三塁として、鈴木は、平凡な三塁ゴロ。だが、三塁のエリアンの一塁への送球が大きくそれた。その間に菊池がホームイン、その、それたボールをカバーした梶谷の本塁への送球が、また大きくそれる、ダブルエラーの間に松山まで2点目のホームを駆け抜けた。二死三塁と続くチャンスに安部がライト前タイムリー。

 2つの失策絡みで3点を先行すると、5回には松山が、横浜DeNAの先発、井納から右中間に一発。「スライダー。完璧に打てた。自分のスイングがしっかりとできた」。 鈴木も11号ソロで続く。「ストレート。2ボールから積極的にいけたのがよかった」と、試合中にコメントを残した。5、6番のアベックアーチで、先発のジョンソンに貴重な追加点をサポートした。試合後の緒方監督も、「松山、誠也の2本の本塁打が大きかった」と、この2発をポイントに挙げた。

 6回までゼロ行進を続けていたジョンソンは、7回に倉本、エリアン、梶谷に3連打を許して無死満塁のピンチ。代打・嶺井に対して、左ひじに当たったボールが死球と判定されたが、緒方監督が抗議のためベンチを飛び出すと、それを制するように審判団が協議。嶺井が左ひじを自ら前に出していたため、死球は取り消され、結局、三塁ゴロで本塁封殺。一死をとったが、代打・関根にレフト前へ2点タイムリーを打たれ、なお一死一、三塁とピンチが続いたが、桑原を外のボールで4-6-3の併殺打に打ち取りリードを守った。

 8回からはジャクソン、9回には、ルナの2号ソロで6-2と点差を広げ、最後はセーブのつかない場面だったが、中崎が出てくる必勝リレーで、横浜DeNAの反撃を許さずに快勝。2位の巨人が、この日ゲームがなかったため、ゲーム差は「9.5」に広がった。緒方監督は「大型連敗だけは避けたい」と語っていたが、広島がジョンソンの先発という勝つべき試合を着実に拾い、独走態勢に入ってきた。
 
 それでも、緒方監督は「バント失敗や守りのミスなど反省すべき点もあった。そのあたりをしっかりやっていかないと、これから暑い季節になり、しかも、この(狭い)球場だと何が起こるかかわからないからね」と、気を引き締めることを忘れてなかった。

 今季、横浜DeNAに初勝利となったジョンソンは、「横浜はいいチームで、いつもタフなゲームになるが、先制点をとってくれたので、自分のピッチングをできるように心がけた。ランナーを出しても粘り強く投げようと思った。7回は横浜が対応してきた。苦しいイニングになった。2失点に抑えることができたが、横浜は手ごわいと思った」と、冷静な表情で答えた。

 巨人との「9.5」ゲーム差のことを聞かれると、「チームがいい形で戦えている。連勝もやった。ゲーム差も開いたよね。この勢いを続けていきたい」と、チームを代表するように語った。
  明日2日の広島の先発はプロ初勝利を挙げて自信をつかんだドラフト1位のルーキー、岡田だ。
   

最終更新:7月1日(金)21時50分

THE PAGE

スポーツナビ 野球情報