ここから本文です

[新製品]日本エイサー、「Predatorシリーズ」初のゲーミングプロジェクター

BCN 7月1日(金)12時5分配信

[新製品]日本エイサー、「Predatorシリーズ」初のゲーミングプロジェクター

Z650

 日本エイサーは、「Predatorシリーズ」としては初めてのゲーミングプロジェクター「Z650」を7月5日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は16万円前後の見込み。

【写真入りの記事】

 黒の強弱を強調し、暗い映像の視認性を高める「Dark FPS」、明るいシーンの視認性を高める「Bright FPS」、映像をリアルタイムで自動調整する「Game Auto」の、3種類のゲームモードを搭載。フルHD(解像度1920×1080)に対応しており、約1.5メートルの位置から100インチの投写が行え、省スペースで迫力ある大画面を楽しめる。

 RGBRGBカラーホイールによって色再現性を高めるとともに、色変化の少ない映像を投影できるsRGBモードを備えた「Color Purity」を採用するほか、DLPチップとランプ出力を調整して3D映像の色再現性を高める「ColorBoost3D」テクノロジーと、長時間の使用による色味の劣化を抑える「ColorSafe II」テクノロジーを搭載し、高い色再現性を実現した。

 3D表示に対応した再生機器、3D対応コンテンツ、DLP3D対応メガネとの組み合わせによる3D表示に対応しており、2D映像を3D映像に変換する機能も備える。また、本体に10W×2基のスピーカーを搭載し、Bluetooth 3.0にも対応する。

 映像入力は、アナログRGB/コンポーネントビデオ(ミニD-sub15ピン)×1基、コンポジット(RCA)×1基、Sビデオ×1基、コンポーネント(3RCA)×1基、HDMI(HDCP対応)×1基、MHL対応HDMI(HDCP対応)×1基。

最終更新:7月1日(金)12時5分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]