ここから本文です

スカーレット・ヨハンソン、歴代最高の興行収入を上げた女優に

cinemacafe.net 7月1日(金)11時45分配信

スカーレット・ヨハンソンが『アべンジャーズ』シリーズでブラック・ウィドウを演じ、北米の興行収入を最も上げた女優となった。

【写真】1位:ハリソン・フォードほかランキング“トップ10”/フォトギャラリー

「Box Office Mojo」によると、スカーレットは歴代最高の北米興行収入をあげた俳優の第10位にランクインした。トップ10に入った俳優は彼女を除いて全員男優。ハリソン・フォードやトム・ハンクス、トム・クルーズやジョニー・デップ、ロバート・ダウニーJr.など超一流どころばかりが揃っている。

スカーレットは唯一の女性にして最年少の31歳。子役として芸歴は長く、これまでの出演作37本の累計興行収入は33億3,200万ドル。今年は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で4億430万ドル、『ジャングル・ブック』で3億5,840万ドルを稼いだ。

女優でスカーレットの次にランクインしたのは19位のキャメロン・ディアス、その後にはヘレナ・ボナム・カーター(26位)、ケイト・ブランシェット(29位)、ジュリア・ロバーツとエリザベス・バンクス(ともに31位)が続く。

『アベンジャーズ』シリーズからはサミュエル・L・ジャクソン(2位)とロバート・ダウニーJr.(5位)がランクイン。リストからは、マーベル作品をはじめ、ブロックバスターへの出演の威力がはっきりと数字に現れている。

「歴代最高の北米興行収入を上げた俳優」トップ10は以下の通り。

1位:ハリソン・フォード(48億7,100万ドル)
2位:サミュエル・L・ジャクソン(46億4,600万ドル)
3位:モーガン・フリーマン(44億3,300万ドル)
4位:トム・ハンクス(43億4,000万ドル)
5位:ロバート・ダウニーJr.(39億4,300万ドル)
6位:エディ・マーフィ(38億1,000万ドル)
7位:トム・クルーズ(35億8,700万ドル)
8位:ジョニー・デップ(33億6,600万ドル)
9位:マイケル・ケイン(33億4,000万ドル)
10位:スカーレット・ヨハンソン(33億3,200万ドル)

最終更新:7月1日(金)11時45分

cinemacafe.net