ここから本文です

結婚&オメデタ!? 新作『ブリジット・ジョーンズの日記』予告編が解禁!

ぴあ映画生活 7月1日(金)12時6分配信

前2作から11年後を舞台にした映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の予告編と新ビジュアルが公開になった。ブリジットがバージンロードを歩くシーンから始まり、さらに妊娠が発覚する目が離せない展開になっている。

公開された予告編

レニー・ゼルウィガーが演じるブリジット・ジョーンズは、恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷち大人女子。幸せをつかむために脇目も振らずまい進してきた彼女は、新作ではアラフォーに。彼女が愛した男性のひとりダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚し、さらには離婚調停中だという。

日本版予告は結婚式のシーンから始るが、それはブリジットの妄想だったようで、自分の気持ちを代弁するような音楽に毒づきながら、孤独に夜を過ごす日もあるが、仕事面では、TVリポーターを経て、局の敏腕プロデューサーとなり絶好調。そして訪れた新たな恋の予感と、妊娠という予期せぬ出来事。「全く問題なし。たぶん…」と持ち前のポジティブさで自分の進む道を見つめる彼女は、どのような選択をするのか?

ブリジットの前に現れた高スペックのナイスガイ、ジャック役をドラマ『グレイズ・アナトミー』のパトリック・デンプシーが演じるほか、エマ・トンプソンも出演する。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月全国ロードショー

最終更新:7月1日(金)12時6分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。