ここから本文です

ベッキー「しくじり先生」出演を検討中

東スポWeb 7月1日(金)7時1分配信

“ゲス不倫休業”を経て5月にレギュラー出演していた「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で一時復帰したものの、本格的な復帰のメドが立たないベッキー(32)が、人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!」(テレビ朝日系)への出演を真剣に検討しているという。かつて10本のテレビレギュラー番組を抱えていたベッキー。だが「金スマ」での復帰が、他局への根回しナシだったことから反感を買ったとされるだけに、騒動すべてを総括して反省する計画だという。

 ベッキーは5月13日放送の「金スマ」で、実に104日ぶりのテレビ復帰を果たした。6月10日には、司会を務めたBSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(7月上旬放送予定)の収録に臨み、報道陣の取材にも応じ、不倫騒動を改めて謝罪した。

 だが、本紙既報通り、「金スマ」の収録が、不倫相手のロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)の妻(のちに離婚)への謝罪前だった上に、他局のレギュラー番組への説明もなかったことなどから、反感を買ってしまったのも事実。それが、他のレギュラー番組で復帰できない理由といわれている。

 一連の不倫騒動では、ベッキーサイドの失敗はそれだけではなかった。

「週刊文春発売前日の1月6日に行った会見は、質問を受け付けず、内容も『(川谷とは)友達』などと、後に語ったようにウソばっかり。CMや番組のスポンサー対策だったが、結果としては最悪だった」(テレビ関係者)

 そんな状況でオファーが来たのが「しくじり先生」だ。同番組は「人生を盛大にしくじった人から、しくじりの回避法を学ぶ」を基本コンセプトに、ミスを犯した芸能人自ら“しくじり先生”として、同じ過ちを犯さないよう伝授する。

「ベッキーには川谷との不倫愛に至るまでの話や、その対処法について何が正解で、何が間違えたのかを自らの口で語ってもらいたい。本人にとっても、素直に総括し、反省すれば道も開けるし、番組も成立するというわけです」(制作関係者)

 同番組ではこれまでに元ライブドア社長・ホリエモンこと堀江貴文氏(43)や元衆議院議員・杉村太蔵氏(36)、元サッカー日本代表・前園真聖氏(42)らが“先生”として、これまでの過ちを自ら振り返って話題になった。

「ベッキーの場合、不倫そのものをスポンサーが相変わらず嫌っているので、このままでは地上波での番組復帰は難しい。復帰を果たせたとしても騒動前の優等生キャラからの路線変更は必要だ。私生活をぶっちゃけるキャラにならないと再生できない。その転機として『しくじり――』は最適かも」(制作会社幹部)

 果たして、出演が実現するのか。

最終更新:7月1日(金)18時34分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。