ここから本文です

夕日に染まり御来光を期待 白山きょう夏山開き

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月1日(金)12時1分配信

 白山の夏山開きを翌日に控えた30日、白山室堂ビジターセンター(標高2450メートル)周辺は視界を白く覆った雲が次第に消え、晴れ間がのぞく穏やかな天候となった。午後7時すぎには、沈む夕日が山肌を赤く染め、日没の瞬間を見守る登山客から拍手が起こった。

 同センターには約160人が宿泊し、持ち寄った食材で鍋を囲み、白山開山1300年記念カップで祝杯をあげる姿が見られた。最高峰の御前峰(ごぜんがみね)(同2702メートル)では、登山客が眼下に広がる岩場や輝く新緑を見渡し、絶景を満喫した。

 登山仲間5人で登った小松市東山町の農業寺田喜代嗣さん(62)は「夏山開きの御来光は格別だ。晴天に期待したい」と話した。

最終更新:7月1日(金)12時1分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。