ここから本文です

天久聖一とよシまるシン、初のユニット展〈ロゴゴ展〉を開催

CDジャーナル 7月1日(金)16時57分配信

 『電気グルーヴ20周年のうた』MV(2013年)や、電気グルーヴの25周年記念ツアー〈塗糞祭〉ロゴ(2014年)などのコマーシャルワークを共作し、公私ともに20年来の付き合いである、マンガ家 / 演出家 / 作家 / 映像作家の天久聖一とデザイナー / イラストレーター / 映像作家のよシまるシン。2人による初の展覧会〈ロゴゴ展〉が、2016年8月5日(金)から8月28日(日)まで東京・神田 TETOKA(tetoka.jp)で開催されます。

 本展では「象形文字の誤解釈」をテーマに、漢字をモチーフにしたシュールでポップな新作のロゴ作品を発表。会場では、ステッカー、キーホルダー、マグカップなどの展覧会オリジナルグッズの販売も予定されています。初日の8月5日(金)には、20:00よりオープニング・レセプションが開催されるほか、8月20日(土)には関連イベントが行われる予定です。

最終更新:7月1日(金)16時57分

CDジャーナル