ここから本文です

CGでリアルな車を作るための素体が開発される 1台でほとんどの自動車の再現が可能に

ねとらぼ 7月1日(金)21時10分配信

 イギリスのVFXを扱う広告系コンテンツ作成会社The Millが、CGでリアルな車を作るための素体車「The BLACKBIRD」を開発しました。この1台でほとんどの自動車の再現が可能で、公式のYouTubeでは実際にCGでさまざまな自動車の見た目に変わる様子を確認することができます。

【CGを使えばいろんな車になれます】

 公式サイトと動画内の説明によると、この素体車はホイールベースやサスペンションなどが調整・変更可能で、ほぼすべての車の正確な長さと幅に合わせることができるということです。また、電動モーターを搭載し、見た目だけでなく車の特徴(走行時の曲線やギアシフトなど)をプログラムによって再現することが可能です。

 ほかにも、高ダイナミックレンジの画像と3次元レーザースキャンを組み合わせたリアルなCG技術や、車体のCGをカメラを通して見ることができるARアプリケーションも開発。同社は素体車The BLACKBIRDを「広告業界のための現実的な問題を解決するツール」だと説明しています。

最終更新:7月1日(金)21時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]