ここから本文です

時松隆光がPO制し、チャレンジ初優勝

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月1日(金)16時3分配信

国内男子下部チャレンジツアー「ジャパンクリエイトチャレンジin 福岡雷山」が1日までの2日間、福岡雷山ゴルフ倶楽部で開催された。時松隆光が、通算9アンダーで並んだ副田裕斗、權成烈(クォン・ソンヨル=韓国)をプレーオフで下し、チャレンジツアーで初優勝した。

最新画像続々アップ!国内男子ツアーフォトギャラリー

時松と權がそれぞれバーディを奪ったプレーオフ1ホール目で、副田が脱落。2ホール目(18番パー5)で、時松が3オン2パットのパーとしたのに対し、權が4オンからのファーストパットを外して勝負が決した。時松は地元の福岡県・沖学園出身の22歳。2012年にプロ転向し、同年の「キヤノンオープン」でツアー初出場を果たした。15年のQTランクは75位。

通算8アンダーの4位に岡部大将、小木曽喬、梶川武志、小浦和也、西村匡史の5人が並んだ。

最終更新:7月1日(金)19時56分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]