ここから本文です

指田フミヤ 『LIVE TOUR2016 果実』ファイナル「これからも色々なことに挑戦していきます」

エキサイトミュージック 7/1(金) 10:30配信

指田フミヤが6月29日(水)に東京・渋谷CLUB QUATTROにて、ライブツアー『指田フミヤ LIVE TOUR2016 果実』の最終公演を開催した。

5月末の広島・セカンドクラッチ公演を皮切りに、全国7箇所をまわった『指田フミヤ LIVE TOUR2016 果実』。前半の弾き語りスタイルの公演と後半のバンド編成で行ったこのツアーの千秋楽に多くのファンが集まった。

オープニングSEとともに登場したバンドメンバーによるセッションで会場の空気が温まると、指田はギターを抱えて登場し、最新曲の「メリーゴーランド」でライブは口火を切った。普段のピアノではなくギターでパフォーマンスをした指田だったが、間奏ではシンセサイザーでのソロも器用に織り交ぜながら観客を魅了していく。さらに続けて最新曲「ドナー」を披露して会場の熱気を高めていった。

MCでは今年3月に名前をカタカナに改名したことにも触れ、「デビューして4年ほど経つのですが、自分の音楽や歌、伝えたい詞の世界観が何か一つ“実“になったかなと思いまして、今回『果実』という名のツアータイトルをつけました。デビュー4年と言いましたが、今回名前も変わったということで、デビュー当時の初ツアーと全く意気込みは変わりません! また新しい“指田フミヤ“をお届けできたらと思ってます!」と、ツアータイトルの由来や意気込みを述べた。

「哀シテホシイ」でライブを再開すると恒例のコール・アンド・レスポンスでは、“乗り鉄”の指田ならではの「東京メトロ」のコールで再び会場を盛り上げていく。その後は「真夜中のシンデレラ」や「オレンジ」「上り電車」といった落ち着いたバラード曲でムードを高めていった。さらにループステーションを駆使し、自身の声やピアノのボディを叩く音などで幻想的な雰囲気のアンサンブルを奏でていき、そのまま「hello」を届けた。

そして、自ら「爆笑MCコーナー」と銘打ったMCでは、昨年末にアメリカへ旅行した際のエピソードを語った。地元の知人にブッキングしてもらい出演したというライブについてや、アメリカの歌手ビリー・ジョエルに出会ったことなどを話し会場を盛り上げた。

ライブ中盤では指田曰く「自分の楽曲のなかで一番、“生きる”というテーマに沿って書けている楽曲」であるという「花になれ」や「bird」を披露し、ふたたびループステーションやヴォイスパーカッションを駆使したパフォーマンスを繰り広げ「バクダンシンドローム」を熱演。「スパム」では客席フロアまで降りてのパフォーマンスに会場の熱気は最高潮。本編のラストナンバー「documentary.」ではファンとの大合唱で最高の一体感とともにクライマックスを迎えた。

アンコール1曲目に披露された「ただのラブソング」は、指田のギター弾き語りとバンドメンバーの黒田晃年(Gt)によるシンプルな構成でのパフォーマンスに、ファンは2人の織り成す繊細なハーモニーに酔いしれていた。

その後ふたたびバンドメンバーをステージに迎え「ロックスター☆」を披露し、各パートのメンバー紹介やソロパフォーマンスにファンは大熱狂。大歓声のなかバンドメンバーを送り出し、ステージに1人残った指田はラストナンバー「嘘月」を弾き語りで披露。「ありがとうございました! これからも色々なことに挑戦していくので、応援よろしくお願いします! また会いましょう!」と、ファンへの感謝を述べライブは締めくくられた。

なお、指田は8月20日(土)に『指田フミヤ SPECIAL LIVE』をJZ Brat Sound of Tokyoにて開催することが決定。前々日の8月18日に誕生日を迎える指田のバースデーイベントとなるこのライブは、普段のライブにはないスペシャルな内容になりそうだ。

≪セットリスト≫
1. メリーゴーランド
2. ドナー
3. 哀シテホシイ
4. 真夜中のシンデレラ
5. オレンジ
6. 上り電車
7. hello
8. 花になれ
9. bird
10. バクダンシンドローム
11. スパム
12. documentary.
<ENCORE>
13. ただのラブソング
14. ロックスター☆
15. 嘘月

最終更新:7/2(土) 10:15

エキサイトミュージック

なぜ今? 首相主導の働き方改革