ここから本文です

『ONE PIECE』のルフィが女体化フィギュアに! ミニスカで胸元をはだけたメリハリボディで登場!!

ファミ通.com 7月1日(金)12時2分配信

●ルフィの元気ハツラツなイメージはそのままに、女性らしさを強調
 バンダイ公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”は、『ONE PIECE』に登場するキャラクターのハイクオリティ完成品フィギュアシリーズ・Portrait.Of.Pirates ワンピースより、キャラクターの性別が逆転した姿を立体化する“I.R.Oシリーズ”第二弾として、主人公“モンキー・D・ルフィ”を、セクシーながらも健康的な造形で立体化した““I.R.O” モンキー・D・ルフィ”の予約受付を、本日2016年7月1日(金)13時より開始する。価格は9990円[税・送料込/手数料別途]で、商品の発送は2016年10月下旬予定。

 以下、リリースより。

----------

■商品特長
 ワンピースの様々なキャラクターの“性別が逆転した姿”を立体化する「I.R.Oシリーズ」。第一弾「トラファルガー・ロー」に続く第二弾として、やりすぎなくらいイロっぽく立体化されたのは“麦わらの一味”の船長「モンキー・D・ルフィ」です。

 ルフィ本来の元気ハツラツなイメージはそのままに、トレードマークの麦わら帽子はもちろん、赤いシャツや腰に巻いた黄色い布、胸の傷跡などもそのままに立体化。青いズボンについては、女性らしいミニスカートに変更されています。また、指にはピンク色のネイルが施され、胸元を大きく露出したメリハリのあるプロポーションに仕上げています。

 可愛らしさとイタズラっぽさが共存する笑顔やスラリと伸びた足など、原型製作“稲田真樹(HEPTA)”と彩色見本製作“たぅもけい”のタッグによって、「セクシーながらも健康的」なフィギュアとして全高約21cmの大きさで魅力的に立体化しています。

■商品概要
・商品名:Portrait.Of.Pirates ワンピース“I.R.O” モンキー・D・ルフィ
・価格:9,990円(税・送料込)(手数料別途)
・対象年齢:15才以上
・セット内容:彩色済み完成品フィギュア、専用台座
・商品サイズ:1/8スケール(全高約210mm)
・商品素材:PVC、ABS、MABS
・生産国:中国
・販売ルート:バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」、他
・予約期間:2016年7月1日(金)13時~準備数量に達し次第終了
・商品お届け:2016年10月下旬予定
・発売元:株式会社メガハウス

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。


■「P.O.Pワンピースシリーズ」について
 「ONE PIECE」に登場する様々なキャラクターを立体化した、メガハウスを代表するハイクオリティ完成品フィギュアシリーズです。キャラクターの特長を捉えた精密な造形と細やかな彩色をコンセプトに、主に1/8スケールで展開しています。2004年発売の商品から始動した本シリーズは、国内、海外でも支持をいただき、商品数200点以上、累計出荷数は360万個を超えています。

■「I.R.Oシリーズ」について
 2004年の第一弾発売から12周年を迎えた“Portrait.Of.Piratesワンピース”シリーズより登場した新ライン「I.R.Oシリーズ」。正式名称は『Informal Request(非公式の要求) ONE PIECE』。恐らく業界初となる「公式非公認」フィギュアシリーズとして、ワンピースの様々なキャラクターの性別が逆転した姿を、やりすぎなくらいのメリハリある造形と彩色アプローチで“イロっぽく”立体化します。

■「ONE PIECE」について
 原作の「ONE PIECE」(作者:尾田栄一郎)は1997年より『週刊少年ジャンプ』にて連載が開始され、現在も好評連載中。2015年2月時点で、コミック全巻の累計発行部数が世界で3億3,000万部以上を記録。また、1999年よりTVアニメがフジテレビ系列で放送開始し、2014年に15周年を迎えました。

最終更新:7月1日(金)12時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。