ここから本文です

ふくしま産業賞 1日から応募受け付け

福島民報 7月1日(金)10時3分配信

 福島民報社は、福島県内の優れた企業や経営者、ものづくりをたたえる「第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)」の応募を1日から受け付ける。
 県内に本社があるか、主たる事業を展開している企業・団体などが対象で、農林水産業の6次化の取り組みなど「ものづくり」全般を含む。前年の応募団体・企業も対象とする。第1回ふくしま産業賞には89社・団体の応募があり、最高賞の知事賞には二本松市の大七酒造が選ばれた。
 応募書類は福島民報社のホームページからダウンロードできる。応募の際には原則として共催団体の推薦が必要。選考には一次審査と本審査があり、一次審査は主催・共催団体で構成する専門委員会、本審査は県内外の経済人、学識経験者らでつくる選考委員会で行う。
 表彰基準は(1)独自性・先進性(2)地域資源の活用・最新技術の開発など事業の直接的成果(3)新ビジネスモデルの創出・地域社会の活性化など波及効果で、委員が総合的に判断する。金賞、銀賞、特別賞を選び、金賞の中から最高賞の知事賞、優秀に福島民報社賞を授与する。
 募集締め切りは8月末。12月の選考委員会で各賞を決定し、来年2月に表彰式を行う予定。問い合わせは福島民報社事業局「ふくしま産業賞係」 電話 024(531)4171へ。ホームページアドレスはhttp://www.minpo.jp/

福島民報社

最終更新:7月1日(金)10時40分

福島民報