ここから本文です

【韓国】MWC上海、韓国からKTや中小企業参加

NNA 7月1日(金)8時30分配信

 中国・上海で6月29日に開幕したモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海」に、韓国から通信大手KTなど大企業だけでなく中小企業やベンチャー企業も多数参加した。
 今年最も注目されるテーマはモバイルとスマート技術を活用した「イノベーションシティー」だ。見本市を主催する移動体通信業界団体のGSMAはこれをテーマにした大型ブースを設置。イノベーションシティー事業にパートナーとして参加するKTは、空気清浄器をスマートフォンと連動させ、スマートフォンで空気の状態を確認し遠隔操作で換気などを行うことができるサービスを実演した。小型無人機ドローンに装着したカメラで訪問者の顔を確認するサービスも紹介した。
 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)と韓国情報通信技術産業協会は情報通信技術(ICT)に優れた韓国中小企業の輸出を支援するため、韓国館を設置した。計18社がモバイルデバイスやウエアラブル、フィンテック、モノのインターネット(IoT)、ハイブリッドビーコン、モバイルプリンターなどを紹介した。

最終更新:7月1日(金)8時30分

NNA