ここから本文です

【パンクラス】12年ぶり参戦の岡見「原点に戻る」

イーファイト 7月1日(金)22時33分配信

 7月24日(日)東京・ディファ有明で開催の『PANCRASE 279』に出場する元UFCファイター・岡見勇信(和術慧舟會東京道場)の公開練習が、7月1日(金)都内にて行われた。

【フォト】寝技でも強さを見せる岡見

 2006年8月からUFCにレギュラー参戦して7年間活躍し、MMAのメジャーリーガーと呼ばれた岡見。2014年3月からは元K-1ファイターのレイ・セフォーが代表を務めるMMA団体『WSOF』を主戦場にし、今年2月には『DEEP』のリングで約10年ぶりに国内で試合を行った(桜井隆多に2RTKO勝ち)。

 今回は2004年10月の石川英司戦以来、約12年ぶりにパンクラス参戦を果たす岡見は、「UFC、WSOFと海外で試合をやってきて、またこうやって日本のリングに上がれるのも縁だし、嬉しく感じます」と試合が待ち遠しい様子。

「国内でやるなら日本人とやりたい」と思っており、それが叶う形となったが、今回の相手・鈴木槙吾(ALLIANCE)は前パンクラス王者で難敵といえるだろう。

「勢い、瞬発力があり、一発で倒す力もあり、いい選手。精神力も強い印象があります」と警戒心を強めるが、「相手を倒すこと、関節技で一本を獲ることなど、原点に戻ってみたい」と岡見。

 長らくミドル級戦線で活躍してきた岡見だが、2015年10月のWSOFでのジョン・フィッチ戦からはウェルター級に階級を下げている。「ミドル級の頃よりもストレスなくいい感じに仕上がっています」と仕上がりは順調のようだ。その言葉通り、この日の公開練習では元ミドル級キング・オブ・パンクラスの安西信昌を相手にマススパーを行い、軽快な動きを見せた。

「格闘技を続けている以上は世界のナンバ-1を目指したい」と岡見は力強く意気込みを語っており、パンクラス復帰戦に注目が集まる。

最終更新:7月1日(金)22時33分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]