ここから本文です

日本最大級「アプリ甲子園2016」作品エントリーは8/31まで

リセマム 7月1日(金)19時30分配信

 全国の中高生を対象としたスマートフォン向けアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2016」の作品エントリー受付が、7月1日に開始された。作品のテーマは自由。8月31日に作品エントリーを締め切り、1次選考と2次選考を経て、10月に決勝大会が開催される。

スケジュール

 アプリ甲子園は、次世代を担う若手クリエイターの発掘と育成支援を目的にD2Cが主催する日本最大級の中高生向けアプリ開発コンテスト。2011年にスタートし、2015年には1,300以上の作品応募があったという。

 応募対象は、中学校、高校、高等専門学校(3年生まで)に在籍の生徒。グループでも応募できる。現在学校に在籍していない者や小学生以下の応募も可能。

 選考対象となるのは、iPhone、iPad、iPod TouchのiOS用アプリ、またはAndroid OS用アプリ、Windowsphone用アプリ。作品のテーマは自由。テーマがある方が作りやすい場合は、「学校で役に立つもの」や「みんなの元気が出る」をヒントにする。評価項目は、独創性、デザイン性、消費者支持度を評価する「企画力」と、操作性、技術力、完成度を評価する「実装力」の2つ。

 応募には、「アプリ甲子園」公式Webサイトへの事前登録が必要。作品エントリー期間は、7月1日から8月31日。9月18日に書類による1次選考で30作品を選出。10月2日の2次選考会を経て、10月23日の決勝大会では10組がプレゼンテーションを行い、外部審査員が優秀作品を表彰する。

 優勝者1組にはiMac(またはMacbook Pro)、準優勝者1組には最新型タブレット端末またはAppleWatchSportが賞品として贈呈される。また、審査員による審査とは別に特別企業賞も設けられ、各協賛企業の審査による選出者には1日職場体験などの特典が付与される。

◆アプリ甲子園2016
募集期間:7月1日(金)~8月31日(水)
応募対象:中学校、高校、高等専門学校(3年生まで)に在籍の生徒
※グループ応募可
※現在学校に在籍していない人、小学生以下の応募可
選考対象:iPhone、iPad、iPod TouchのiOS用アプリ、またはAndroid OS用アプリ、Windowsphone用アプリ
作品テーマ:自由
応募方法:「アプリ甲子園」公式Webサイトから申し込む
スケジュール:
9月18日(日)1次選考会(書類審査)
10月2日(日)2次選考会(プレゼンテーション)
10月23日(日)決勝大会(プレゼンテーション)
※決勝大会参加者の交通費などは主催者が負担予定

《リセマム 奥山直美》

最終更新:7月1日(金)19時30分

リセマム