ここから本文です

「デス妻」エヴァ・ロンゴリア、ハリウッドの殿堂入り!

cinemacafe.net 7月1日(金)14時30分配信

エヴァ・ロンゴリアがハリウッドの殿堂入りを果たした。

カリフォルニア州ハリウッドにあるハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにその名を飾ることになったエヴァは、20年間に渡ってこの日を夢見ていたそうだ。

【写真】エヴァ・ロンゴリア/フォトギャラリー

29日(現地時間)、エヴァは自身のインスタグラムに自身の名前が刻まれた星の写真を投稿し「信じられないわ。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムのスターを受け取ったの! 20年前にハリウッドに引っ越してきたとき、私はこの有名なストリートに真っ先に足を運んで数々の星を見ながら『いつか、ここに私も星を持ちたいな!』って思った日のことを覚えているわ。ハリウッド商工会議所、私の夢を叶えてくれてほんとうにありがとう!」と綴っている。

そんなエヴァは今年5月21日にリッキー・マーティンや元スパイス・ガールズのメンバーであるヴィクトリア・ベッカムらが参列する中、メキシコでホセ・”ペペ”・バストンとの結婚式を挙げており、現在は3度目の結婚生活を大いに楽しんでいるようだ。

(C) BANG Media International

最終更新:7月1日(金)14時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。