ここから本文です

【夏休み】造船所・舶用工業事業所を見学---地球で一番大きな“工業製品”

レスポンス 7月1日(金)11時15分配信

7月上旬から8月中旬にかけて全国の造船所、舶用工業事業所で「全国一斉造船所・舶用事業所見学会~この地球で一番大きな工業製品『船』を見に行こう!!~」が開催される。

昨年、「海の日」20周年記念関連イベントとして、全国の小中学生を対象に実施した全国一斉造船所・舶用事業所見学会が、今夏も開催される。

今年は、北は北海道から南は沖縄まで、昨年よりさらに規模を拡大して実施される。

見学会は、大型船や船に搭載する巨大なエンジン、配電盤を作っている現場、進水式典などを実際に見学することを通じて次世代の海事人材を担う小中学生の船舶やものづくりに対する好奇心を喚起し、海や船、地元産業の大切さを理解してもらう機会を提供する。

見学会は、総合海洋政策本部・国土交通省・日本財団が主催する「海と日本プロジェクト」の一環として日本中小型造船工業会が主催し、日本造船工業会、日本舶用工業会の協力で実施される。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月1日(金)11時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。