ここから本文です

武部力也の週間為替相場見通し~英EU離脱ショック後の「円・四重苦」局面

ZUU online 7/1(金) 18:00配信

■ドル円予想レンジ 101.40 - 104.50

『何年やってんだ、この記者は・・』-。これは英EU離脱が確実となった6/24午後、「一時100円を切りましたが、その時、介入はありましたでしょうか」との記者の質問に対する麻生財務相の呟きである。円急騰に対する麻生財務相の苛立ちを伺わせる場面でもあった。

■英EU離脱後の鎮静理由

麻生財務相は6/28に「今週に入り落ち着きを取り戻している」と発言。6/24夜、G7財務相・中央銀行総裁は緊急電話協議を行い、「緊密な関係を持って適切な対応(主要中銀による資金供給拡大)をする」とした声明を出したことが、パニック的な為替変動を抑制した格好だ。

英EU離脱決定後の6/28取引は、月末・四半期末での最終月内受け渡し日でもあったことで、ドル資金の調達金利を上昇させることから、特にドル調達不足が不安視されていた。しかし、同日午前に実施された通例の日銀ドル供給オペ(公開市場操作)は、市場鎮静に寄与。マイナス金利策での国内運用難が、本邦金融機関の外貨建て融資や、対外証券・債券投資を膨らませていた。

本来、こうした多額の資金調達は、為替フォワード(先物)市場で取り扱われるが、今回は最悪の場合、外為(直物)市場で変動リスクを承知でのドル買い(円売り)に動く可能性もあるのではないかと囁かれていたのだ。

■円・四重苦

G7は市場安定に努め、結束を確認。しかし、これを以て筆者の考える円安浮揚力を後退させる可能性は4つ。

①市場の流動性安定、ドルの潤沢性は裏を返せば慌ててドル手当する必要性が低下し、逆に本邦輸出の円転焦燥が強まる可能性。

②麻生財務相は、「英国からポンド買い支えの協調介入の要請もなく、最悪を想定してかかるが、それに比べれば安定していると思う」と6/28に発言。6/30には英中銀総裁が今夏の緩和を示唆。要は英国のポンド下落容認であり、従前より指摘する相関係数の観点(過去200日6/30終値時点)から、ドル円はポンド円を意識せざるをえない可能性。

③7月の党大会を控えて米大統領選候補の扇動的な「為替操作国」批判が強まる可能性(介入を萎縮させる)。

④NFP懸念が強まる米雇用統計(7/8)如何では、米利上げ見通しが更に後退する可能性。

とはいえ、7/12参院選を控え公的機関投資家による円高阻止を見込む。ただ、想定レートと実勢レートの乖離から輸出筋による円転意欲がドルの上値を抑え、ドル円は結局身動きでなくなるのではないか。

ドル円は日足一目均衡表雲を見上げ、6/30高値103.31越え、6/24高値106.70超が課題。下値焦点は100円割れ後の6/27-28安値101.395-55、6/29-30安値102.16-34維持を推考している。

武部力也
岡三オンライン証券 投資情報部長兼シニアストラテジスト

最終更新:7/1(金) 18:00

ZUU online