ここから本文です

「カプリコン・1」「カサンドラ・クロス」7月20日に初ブルーレイ化&オリジナル予告公開

映画.com 7月1日(金)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 1970年代に大ヒットを記録したサスペンスアクション大作「カプリコン・1」「カサンドラ・クロス」が、7月20日に初ブルーレイ化される。このほど、オリジナル予告編が公開された。

【動画】「カプリコン・1」オリジナル予告編

 「カプリコン・1」は、「エンド・オブ・デイズ」のピーター・ハイアムズ監督が、NASAによる火星着陸をめぐる巨大な陰謀を描く。家族を人質に宇宙飛行士に事実の捏造を命じる組織と、真実を暴こうとする新聞記者が激しい攻防を繰り広げる。

 「カサンドラ・クロス」は、ジョルジ・パン・コスマトス監督(「ランボー 怒りの脱出」)がメガホンをとった。細菌感染した過激派ゲリラが大陸縦断特急に逃げ込んだことから、スキャンダル発覚と感染拡大を恐れた政府は、一般市民を犠牲にして列車ごと闇に葬り去ろうとする。

 オリジナル予告編では、NASAや政府による陰謀に挑む人々の激闘が色あせない迫力で映し出される。ブルーレイは同映像が特典として収録されるほか、初めてテレビ放送された際の吹き替え版を収録。「カサンドラ・クロス」は、82年に発売されたレーザーディスク版の吹き替えも収められ、テレビ版とは違った声優陣を楽しむことができる。

 「カプリコン・1」「カサンドラ・クロス」のブルーレイは、7月20日に4800円(税別)で発売。

最終更新:7月1日(金)17時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。