ここから本文です

【ウィンブルドン】錦織 2年ぶり3回戦進出も気になる左ワキ腹の回復具合

東スポWeb 7月1日(金)12時1分配信

【英国・ロンドン30日発】テニスのウィンブルドン選手権男子シングルス2回戦で世界ランキング6位の錦織圭(26=日清食品)は同547位ジュリアン・ベネトー(34=フランス)を4―6、6―4、6―4、6―2の逆転で下し、2年ぶりの3回戦進出を決めた。

 左ワキ腹に爆弾を抱える錦織にとって、試合が降雨により前日からこの日に順延されたことは幸運だった。第1セットを落としても粘り強く食い下がり、気持ちは切れない。第2セット第7ゲーム、ベネトーにおきて破りの“逆エアK”を決められたが、ブレークに成功。後半になるにつれ、本来のテニスを取り戻し、最後は鮮やかなバックハンドウイナーで勝負を決めた。

 笑顔は最後まで見られなかったが、不調でも勝てたことは自信につながっている。「(ワキ腹は)そんなに悪くはなかった。2日間休めたことはラッキーだった。回復できることはすべてやっている」

 次戦は同42位アンドレイ・クズネツォフ(25=ロシア)と対戦。全仏オープンでは錦織がストレートで勝利しており、対策もしやすい。“恵みの雨”を味方につけた錦織が加速を始めた。

最終更新:7月1日(金)12時31分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]