ここから本文です

競泳のパク・テファン、豪州グランプリ400メートル予選2位で決勝進出

WoW!Korea 7月1日(金)11時11分配信

2014年に禁止薬物投与で国際水泳連盟(FINA)から18か月の選手資格停止処分を受けていたパク・テファン(朴泰桓)が懲戒解除後、2年ぶりに出場した国際大会で順調なスタートを切った。

パク・テファンの紹介と写真

 朴泰桓は1日(日本時間)豪州にて開催されたオーストラリア・グランプリ男子自由形400メートル予選で3分51秒23を記録し、2位で決勝に進出した。

 なお、朴泰桓は今回の大会で自由形100メートル、200メートル、400メートルに出場する。

 一方、去る16日、大韓体育会が第3回理事会の結果、国家代表選抜規定を存置することに最終決定したことにより、朴泰桓は現在、韓国代表に選ばれることはない立場だが、希望を捨てず最善を尽くしている。

 朴泰桓側はリオ五輪出場と関連し、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)控訴と別途に最近ソウル中央東部地方裁判所に仮処分を申請した。

最終更新:7月1日(金)11時11分

WoW!Korea