ここから本文です

川本真琴、デビュー20周年を記念する短編映画の第5弾を7月8日より配信

CDジャーナル 7月1日(金)16時57分配信

 今年デビュー20周年を迎え、8月10日(水)には三沢洋紀(g)、植野隆司(g / テニスコーツ)、池上加奈恵(b / はこモーフ)、澤部 渡(dr / スカート)と組んだ“川本真琴 with ゴロニャンず”名義でのニュー・アルバム『川本真琴 with ゴロニャンず』(MYRD-100 2,560円 + 税)のリリースを控えるシンガー・ソングライター川本真琴が、自身が企画制作を務める短編映画シリーズの第5弾「98%バンド宣言、とは私にとっては2%の生きる宣言。」の配信をYouTubeにて7月8日(金)よりスタート。

 デビュー20周年を記念して今年3月に第1弾(youtu.be/mT2v3PBmAPI)が公開された短編映画シリーズは、これまでに第2弾「カラス」(youtu.be/Yphd6Fsdk_E)、第3弾「君の為に雨は降る」(youtu.be/Ny4XyDXUgnE)、第4弾「おじぞうさん」(youtu.be/Yf7P4939NrY)が公開されており、いずれもムラヤマ・J・サーシが監督・編集を担当。川本真琴本人に加え、マヒトゥ・ザ・ピーポーやマーライオンなど、個性的なミュージシャンたちが役者として出演しています。

 月刊「根本宗子」(gekkannemoto.wix.com/home)を主宰する劇作家 / 演出家・根本宗子が脚本を務めた「98%バンド宣言、とは私にとっては2%の生きる宣言。」には川本真琴のほか、ドラマー / シンガーの“U sus U(ゆーさすゆー)”や、元昆虫キッズののもとなつよ、様々なアーティストを支えるギタリスト・ひぐちけい、サウンドプロデューサーとしても名高いカメラ=万年筆の佐藤優介が出演。併せて、シリーズ全篇の主題歌となっている話題曲「ホラーすぎる彼女です」のミュージック・ビデオも公開予定となっています。詳しくはオフィシャル・サイト(www.hamajimrecords.com/salon-kawamoto/tiger_fake_fur_official_site/top.html)にてご確認ください。

最終更新:7月1日(金)16時57分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。