ここから本文です

『シュガー・ラッシュ』続編、製作決定!2018年3月公開

シネマトゥデイ 7月1日(金)10時54分配信

 ゲームの世界を舞台にした大ヒットアニメーション映画『シュガー・ラッシュ』の続編の製作を現地時間6月30日、ディズニーが発表した。2018年3月9日の全米公開を予定している。

【動画】クッパら人気悪役たちがグループセラピー

 アクションゲームの悪役ラルフを主人公にした本作。悪役でいることにうんざりしたラルフがヒーローになろうと、お菓子の国を舞台にしたレースゲームの世界に入り込んだことから巻き起こる騒動を描いた。「スーパーマリオブラザーズ」のクッパ、「ストリートファイター」のザンギエフとベガ、「ソニック」のドクター・エッグマンなど、日本発祥のゲームキャラクターが多数カメオ出演したことでも話題になり、世界興行収入4億7,122万2,889ドル(約518億3,451万7,790円)を稼ぎ出す大ヒットとなった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 ラルフの声優を務めたジョン・C・ライリーが昨夏、続編への出演契約を結んだと口を滑らせたことなどで製作については明らかになっていたが、ついにディズニーが正式に発表。『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』の監督を務めたリッチ・ムーアと、『シュガー・ラッシュ』の脚本を執筆したフィル・ジョンストンが共同で監督する。

 続編でラルフはアーケードゲームの世界を去ってインターネットの世界に進出するといい、ラルフと相棒のヴァネロペがGoogleやAmazonといった企業のパロディー看板が並ぶネットの世界に立つコンセプトアートも公開された。

 ムーア監督はかつて「もし続編を作る幸運に恵まれたら、今度こそマリオに出演してもらうにふさわしいシーンを作りたいと思っている」と語ったことがあり、続編にはどんな有名ゲームキャラが登場するのかも注目されている。(編集部・市川遥)

最終更新:7月1日(金)10時54分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。