ここから本文です

ネイマール、騒動に終止符 バルサと2021年まで契約延長

ISM 7月1日(金)18時24分配信

 現地時間30日、ブラジル代表FWネイマール(24)が所属先のバルセロナ(スペイン)と2021年まで契約延長したことが分かった。ネイマール本人が明らかにした。

 バルサと2018年まで契約が残るネイマールだが、スペインでの生活に不満を持っているとされ、移籍の噂も上がっていた。しかしこの日、自身のSNSのアカウントを通じて「この夢を生き続けることができてとてもうれしい」と述べ、残留を表明。パリSG(フランス)行きの可能性も報じられていたが、こうした噂に自ら終止符を打った。

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長も同日、「ネイマールとは数日中に契約を延長することになる」と述べていた。その言葉どおり両者は5年の契約延長に至ったようだ。(STATS-AP)

最終更新:7月1日(金)18時24分

ISM