ここから本文です

体操・内村航平が余裕のコメント「金メダルは普通に獲得できる」

東スポWeb 7月1日(金)15時13分配信

 体操の内村航平(27)が1日、都内で行われた、所属のコナミスポーツクラブ壮行会にリオ五輪出場の体操競技部、水泳競技部らとともに出席した。

 体操競技部からは日本代表5人のうち4人がコナミスポーツの所属。エースの内村は社員150人を前に「ミスのない演技をして、団体の金メダルを持って帰りたい」と抱負を語った。

 日本体操協会によると、6日の予選で日本はあん馬からのスタートになる。4年前のロンドン五輪で内村が落下した種目だ。

「よくテレビで落下シーンばかり流れるので苦手だと思われているかも(笑い)。でも、G難度の技はすべてできますから。そこを乗り切って、ミスなく最後の床にまでつなげられれば、金メダルは普通に獲得できると思います」

 ただ、内村が懸念しているのが試合開始が午前10時半と早いこと。「午前5時には起きないといけない。早起きは苦ではないんですが、体の反応がうまく出るかどうか。(白井)健三は若いから起きてすぐできるでしょうけど」と、演技外のことが影響する可能性を指摘した。

 まずは予選1位通過を目指す日本男子団体。金メダルを取るため、細かいことでも抜かりなく準備するつもりだ。

最終更新:7月1日(金)15時18分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]