ここから本文です

ミニ四駆をスマホで操作できるようにする改造キット発売 ステアリングパーツで前後左右の操縦が可能に

ねとらぼ 7月1日(金)8時10分配信

 ハードウェア開発会社Cerevoは、タミヤ製のワイルドミニ四駆を、スマートフォンで操作できるようにする改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」を発売しました。

【キットで改造したワイルドミニ四駆】

 キットには、無線LANモジュールに、ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツのほか、基板の実装に必要な各パーツが一式セットで入っています。スマートフォンでの操縦はアプリではなくブラウザ経由で行い、前後左右に動かすことが可能です。価格は5980円(税別)で、7月中旬に出荷予定。

 「MKZ4」に対応するワイルドミニ四駆車種は、「ランチボックス Jr.」「ワイルドザウルス」「ニッサン キングキャブ Jr.」「ブルヘッド Jr.」「トヨタ ハイラックス モンスターレーサー Jr.」「トヨタ ハイラックス サーフ」「ニッサン テラノ '93 パリダカ仕様 (チーム NOK JATCO)」「ダッシュ CBW コマンドザウルス」「マンモスダンプ」となります。

 工作初心者のために、「MKZ4」の組み立てに最適な工具がすべて入ったツールセット「MKZ4TS」も販売(9980円)。また、ブラウザ操作のプログラムを無線LANモジュールに書き込むためのキット「MKZ4WK」(1980円)も同時発売されます(価格はどちらも税別)。ちなみに、このキット以外の書き込みツールでもプログラムの書き込みは可能ということです。

 「MKZ4」「MKZ4WK」と、タミヤの「ワイルドミニ四駆」をセットにしたスペシャルパックも数量限定で発売。「ニッサン テラノ '93 パリダカ仕様(チーム NOK JATCO)」「トヨタ ハイラックス モンスターレーサー Jr.」「ランチボックス Jr.」の3種類で、それぞれ30台ずつ各8888円(税別)。Cerevo直販サイトで販売されます。

 これらのキットは、同社が過去に開催したワークショップ「スマホで自由自在に操作できるIoTミニ四駆を作ろう!」が好評だったことを受けて開発されたもの。今後はモノづくりスペース「DMM.make AKIBA」でキットを利用したワークショップが常設される予定で、8月20日に第1回目が開催されることが決定しています。

 Cerevoはこれまでに、アニメ「PSYCO-PASS」に登場する武器「ドミネーター」の開発や、アニメ「攻殻機動隊」シリーズに登場する「タチコマ」を再現するプロジェクトも立ち上げています。

最終更新:7月1日(金)8時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]