ここから本文です

【土井正己のMove the World】英国のEU離脱、「だまされた」のは工場労働者

レスポンス 7月1日(金)15時0分配信

6月23日の英国国民投票の結果は世界を揺るがした。接戦となっても最終的には「残留」が勝利すると多くの人が信じていた。それだけに、マーケットの動揺は大きく、日本では円ドル相場は一時99円台にも達し、株価の下落幅は一時1000円を超えた。これは、円が安全通貨で買われ、円高が株価を引き下げるという「リーマンショック」と同様の現象が起きたと言える。「先行きの不透明感」という意味では、リーマンショック以上だと思う。最悪のケースにおいては、EUの崩壊や欧州金融システムの崩壊など、世界経済の根幹が揺らぐことにもなりかねない。

[関連写真]


◆日本の自動車メーカーは撤退か

英国は、これから約2年をかけてEUからの離脱交渉を進めていくことになるが、「EUとの経済関係は維持したまま、移民の受け入れや拠出金の受け入れは拒否する」という「いいとこ取りの関係」はあり得ない。英国は、少なくともEU市場へのフリーアクセス権は失うことになるだろう(最も現在でもポンドがユーロに入っていないので全くのフリーというわけではない)。

よって、前回のコラムでも述べた通り、英国でEU向けに生産活動を行う製造業は、コストアップを余儀なくされ、日本の自動車メーカーも英国での生産継続は難しくなる。日産、トヨタ、ホンダなどは、英国各地で大きな雇用を支えており、これらが英国から撤退するとなると「大量失業」を生み出すことになる。


◆騙されて「離脱」を選んだ工場労働者

今回の選挙結果では、英国南部の工業地帯が「離脱」を選択(移民に仕事を奪われるという懸念から)、北部とロンドン市が「存続」を選んだ。しかし、前述の通り、最も「負」の影響を受けるのが、工業地帯であり、「失業」を目の当たりにするのが「離脱」を選択した工場労働者ということになる。工場労働者は、自ら「大量失業」という引き金を引いてしまったというわけだ。

報道によれば「離脱派」は、広報パンフレットに日産やトヨタのロゴを張り付け「これらの企業は離脱を支持している」と書いていた。日産、トヨタは、こうした詐欺行為に対して訴訟を起こすというが、訴訟を起こすべきは、日産やトヨタではなく、騙された工場労働者の方だと思う。

今回の国民投票では、そもそも「離脱派」は具体的な離脱後の英国の姿を提示していない。前述の通りの詐欺まがいのPR戦略で、労働者層を扇動したと言っても良い。その「離脱派」のリーダーであったジョンソン前ロンドン市長は、次期首相としてEUとの交渉にあたると見られていたが、首相候補から辞退したという。全く無責任な話である。


◆ラストチャンスはある

日本の自動車メーカーなどが英国から脱出し、「失業」の嵐が吹き荒れた時、初めて南部の工場労働者は「騙された」ことに気付くだろう。恐らく、2年後あたりとなると思うが、その時に、国民投票の「やり直し」のラストチャンスが訪れるのではないか。この「やり直し」の声は、是非、自動車工場の労働者から出てきて欲しい。彼らが、今回の国民投票の一番の犠牲者と言えるからだ。


<土井正己 プロフィール>
グローバル・コミュニケーションを専門とする国際コンサルティング・ファームである「クレアブ」代表取締役社長。山形大学特任教授。2013年末まで、トヨタ自動車に31年間勤務。主に広報分野、グローバル・マーケティング(宣伝)分野で活躍。2000年から2004年までチェコのプラハに駐在。帰国後、グローバル・コミュニケーション室長、広報部担当部長を歴任。2014年より、「クレアブ」で、官公庁や企業のコンサルタント業務に従事。

《レスポンス 土井 正己》

最終更新:7月1日(金)15時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]