ここから本文です

<松岡修造>7度目五輪キャスターで寺川綾とタッグ 「今日から君はリオオリンピックだ!」 

まんたんウェブ 7月2日(土)5時0分配信

 元プロテニスプレーヤーで解説者の松岡修造さんが、8月5日に開幕するリオデジャネイロ五輪で、テレビ朝日のメインキャスターを務めることが2日、明らかになった。松岡さんが同局の五輪メインキャスターを担当するのは、2004年のアテネ五輪から冬季・夏季を含め7大会連続となる。元競泳日本代表の寺川綾さんがフィールドリポーターを担当することも決定。寺川さんは現役引退後、初めての夏季五輪に“伝える側”として参加する。

【写真特集】あの人気女子アナも NHK五輪キャスター決まる

 松岡さんは「遠く離れたリオデジャネイロで頑張っている選手たちの思いを、いかにして日本の視聴者の方々に伝えるか、番組をやらせていただく僕にとっての一番大事な役割だと思って います」と語り、「『今日から君はリオオリンピックだ!』という番組にしたい。それは『みんなもオリンピックに参加するんだ』ということ。ただ見て応援して勝った、ということではなく、このオリンピックで何を感じるか、選手と同じ思いになって感じようということだと思っています」とコメント。「そして、その先には東京がある。僕はそれもぜひ伝えたい」と熱く語っている。

 また、“相棒”となる寺川さんについては「『世界水泳』でご一緒させていただいたときに、すごく自然体が似合う人だと思いました。決め られたコメントを言うのではなく、目の前で起きたことを感じて話せる人。それが彼女の一番の武器だと感じました。僕も自由にやってもらえるようにしたいです」と語り、「一つだけお願いするとしたら、作らない、ということでしょう。リオオリンピックをそのまま表現してほしい。それが彼女の熱さになると思います」と期待した。

 一方、寺川さんは「選手として出場しないオリンピックを現地で見る、応援するのは初めてなので、どういう心境になるかは分 からない」としつつ、「間違いなく、修造さんと熱くなると想像できます。選手の皆さんの頑張りを、多くの皆さんに伝えられるよう私自身も頑張っていきたい」と抱負。

 松岡さんとのタッグには「修造さんとは盛り上がったときのテンションがすごく似ているんです」と明かし、「あまりにも同じテンション過ぎて、何も飾らず、自然な状態でできるのかなと思っています。『世界水泳』では、修造さんからたくさん学ぶことができました。今回も楽しみにしています。オリンピック仕様の修造さんも楽しみです」と語っている。

 同局では8月5日の「開幕直前スペシャル」、6日の「開会式ハイライト」「バレーボール女子予選 日本対韓国」に始まり、「柔道」「競泳」「重量挙げ・女子」「レスリング・女子」「新体操・団体」など、数々の種目を放送する。

最終更新:7月2日(土)19時50分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。