ここから本文です

返還後パ初開催、沖縄でオリックス戦の理由 郷土の星に声援、指笛

デイリースポーツ 7月1日(金)11時0分配信

 6月28、29日に沖縄セルラースタジアム那覇でオリックス対楽天の2連戦が行われた。当初はパ・リーグの5位対6位の対戦に観客動員が心配されたが、2試合とも1万3000人前後とまずまずの入り。初戦は地元出身のオリックス・大城が決勝犠飛でお立ち台に上がるなど大盛り上がりだった。翌日の地元紙は1面でこの試合を伝えた。

 実はこの試合はパ・リーグの公式戦では1962年の阪急-大毎以来、54年ぶりの開催だった。1972年の沖縄返還以降では初だ。なぜ、オリックスだったのか。そこにも一つのドラマがあった。

 プロ野球の公式戦誘致は開催の2年前に行われることが多い。今年の試合開催については2014年にほぼ方針は固まったという。

 奥武山球場から2010年にリニューアルが完成。2014年までにセ6球団が那覇で試合を行った。そこで次はパ・リーグとなった。2014年のパ優勝チームはソフトバンク、2位がオリックスだった。

 優勝チームではなく、2位のチームが選ばれた理由、それはオリックスに沖縄出身の比嘉幹貴投手がいたからだ。この年、比嘉は62試合に登板し、7勝1敗20ホールド、防御率0・79という抜群の成績を残した。なによりパ・タイ記録となる34試合連続無失点という驚異的な記録を樹立。毎日のようにピンチに登板し、切り抜ける。これが興行主の目に留まった。強くてしかも島人が大活躍するチーム。沖縄の本土返還後、パで初めて公式戦を誘致するチームとしてオリックスは最適だったというわけだ。

 2年のときを経て、オリックスとともに比嘉も故郷の土を踏みしめた。この間、昨年8月に右肩関節唇修復手術も受け、復帰したばかりだった。

 比嘉は「この時期に沖縄にいるのが不思議です。投げられれば一番いいけど、チームが勝つことが一番です」と話した。残念ながら登板機会はなかったが、長いリハビリのころを思えば、ここにいられることが幸せだった。

 オリックス・大城、比嘉だけではない。楽天のご当地選手、伊志嶺が代打で登場した際にも大きな声援が飛んだ。そして、同じく地元興南出身の名幸審判の名前もスタンドから何度も呼ばれた。

 大声援とスタジアムにこだました指笛。沖縄県民の野球への強い思いと郷土愛を実感した2試合。大成功に終わったパ54年ぶりの沖縄開催。立役者となった右腕は次の登板に向けて千葉へと移動した。(デイリースポーツ・達野淳司)

最終更新:7月1日(金)11時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]