ここから本文です

<注目アニメ紹介>「アルスラーン戦記 風塵乱舞」 王子の過酷な再スタート

まんたんウェブ 7月2日(土)17時30分配信

 「銀河英雄伝説」などで知られる田中芳樹さんの小説を元に「鋼の錬金術師」の荒川弘さんのマンガを原作にしたテレビアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」が3日、MBS・TBSのアニメ枠“日5”でスタートする。2015年4月からテレビアニメが放映され、今回はその続編となる。

【写真特集】「アルスラーン戦記」名場面  スタッフが語る裏側も…

 肥沃な大地に支えられた大国パルスは、異教徒の国・ルシタニアの策略によって王都エクバターナは陥落。父・アンドラゴラス三世は敵に捕らえられて国が滅亡する危機に陥る中、14歳の王子アルスラーンは、周囲から器量不足と言われながらも最強の武将・ダリューンや知略家のナルサスの助けを得て、さまざまな困難を乗り越えながら“王”として成長し、王都奪還へ歩みを進めていたのが前回の話だ。

 続編「風塵乱舞」は、ルシタニア軍を追い詰めていたアルスラーンだが、父のアンドラゴラス三世が脱出してアルスラーンから兵権を奪い、集めたばかりの兵士たちはもちろん頼りになるダリューンやナルサスもいない、文字通り単身で放り出される過酷な再スタートとなる。新しい町、新しいキャラクターが登場し、アルスラーンがどのように成長するか。また全8話でどこまで話が進むのか、その後の展開の有無も含めて注目を集めそうだ。

 アルスラーン役は小林裕介さん、ダリューン役を細谷佳正さんで前作と同じキャストに加え、新キャラクターの新キャストとして櫻井孝宏さんや津田健次郎さんらが出演する。「山田くんと7人の魔女」などのライデンフィルムがアニメを制作する。放送はMBS/TBS系全国28局ネットにて。

最終更新:7月2日(土)17時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。