ここから本文です

「Drive or Drink」がコンセプト…メルセデスとヱビスがコラボ

レスポンス 7月1日(金)16時45分配信

メルセデスベンツとヱビスビールがコラボした“ザテラス”が、東京六本木のメルセデス・ベンツコネクションNEXT DOORにオープンした。

[関連写真]

このNEXT DOORは、メルセデス・ベンツコネクションに併設する形で2016年2月に開設。今回のザテラスは第2弾で、メルセデスベンツコネクションが5周年にあたることから、「これまでとは違ったサプライズ的な、全く新しい取り組みだ」と述べるのはメルセデス・ベンツ日本企業広報課アシスタント・マネージャーの奥香純さんだ。

今回あえてビールにした理由について奥さんは、「まず“夏”であること。そして、多くの方に来場してもらいたいと飲食を考えた。そこで、今回のコンセプトでもある“Drive or Drink 飲むなら乗らない 乗るなら飲まない”というルールをお客様に理解してもらったうえで、楽しんでもらいたいからだ」と説明。そして、「クルマもビールもライフスタイルを彩るもの。これまでにない新しいコラボレーションだ」と述べた。

また、それぞれのユーザーに、それぞれに親しんでもらいたいという思いもある。「ヱビスビールの最高峰ブランド、ヱビスマイスターのお客様でメルセデスに親しんでいなかった方、あるいは逆もあるだろう。この場でそれぞれのブランドに触れてもらい、より親しみを持ってもらえたら嬉しい」とコメントした。

今回は、サッポロビールがこのコンセプトに共鳴したことでこのコラボレーションが実現した。サッポロビールブランド戦略部恵比寿ブランドグループリーダーの岸祐介さんは、「とても素敵な話だと思ったがやはり当初、抵抗感はあった」と明かす。しかし、「このコンセプトをきちんと明示し、最善の注意を払ってこのルールを守ることで、クルマとお酒の両方を楽しむことが出来る」と語る。

そして、「もし本当にメルセデスベンツというブランドとヱビスビールがタイアップ出来たら、我々が考えている、より上質、より洗練されたものをアピールすることに対して更に近付くことが出来る」。また、「ヱビスだけではなかなか表現出来ない、また、会うことが出来ないお客様もいることから、一緒に出来たら相乗効果を生むのではないかという思いがあった」とした。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:7月1日(金)16時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]