ここから本文です

フィフィ、宮地容疑者番組に電話リクかけまくった過去明かす

デイリースポーツ 7月1日(金)11時52分配信

 タレントのフィフィ(40)が30日、ツイッターを更新し、ラジオ生放送中に、共演女性タレントをマイクで殴り逮捕された宮地由紀男容疑者(芸名・宮地佑紀生)について「宮地佑紀生のどんどん土曜大放送を毎週聴いてたよ、電リクかけまくってたわ私…」と、宮地容疑者の番組ファンだったことを明かし、ショックを伺わせた。

 宮地容疑者は27日にラジオの生放送「宮地佑紀生の聞いてみゃ~ち」内で、共演した女性タレントをマイクで殴るなどした疑いで、30日に逮捕された。

 フィフィが毎週聴いていたという「どんどん土曜大放送」(東海ラジオ)は、逮捕された宮地容疑者がパーソナリティーを務めた番組で、リスナーからの電話リクエストで歌謡曲のランキングを作成するというもの。フィフィは学生時代を名古屋で過ごしており、公式プロフィルにも特技に「日本語(名古屋弁)」と記すなど、名古屋とは縁が深い。

 「どんどん土曜大放送」は1997年に終了しているが、宮地容疑者の番組にせっせと電話をかけていただけに、フィフィもショックを隠せない。

 このツイートに「ドンドン土曜大放送をフィフィさんが聞いてた事も驚き」など、宮地容疑者の番組をフィフィが聴いていたことを驚くコメントも寄せられていた。

最終更新:7月1日(金)11時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。