ここから本文です

【リオ五輪】吉田沙保里が女子初の主将「光栄と同時に責任感じる」

東スポWeb 7月1日(金)17時8分配信

 日本オリンピック委員会(JOC)は1日、8月に開催されるリオデジャネイロ五輪の日本選手団の主将にレスリング女子の吉田沙保里(33)、旗手は陸上男子十種競技の右代啓祐(29=スズキ浜松AC)に決まったことを発表した。

 夏季五輪での女子の主将は初めてとなる。

 吉田は「このたびは日本選手団主将という名誉ある大役を任され、光栄に思うと同時に責任を感じます。私自身は4連覇を目指し、日本選手団、国民の皆様に元気を与えられるようにベストを尽くしたいと思います」とコメントした。

 なお、男性旗手は2000年シドニー五輪の柔道・井上康生氏(38)以来となる。

最終更新:7月1日(金)17時33分

東スポWeb