ここから本文です

“斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変”は「ひとつの着地点」――ゲネプロ公演をリポート

ファミ通.com 7月1日(金)17時6分配信

文・取材:編集部 立花ネコ、撮影:カメラマン 永山亘

●“斬劇”に生まれ変わってふたたび開幕!
 本日2016年7月1日(金)、東京・Zeppブルーシアター六本木にて、カプコンの『戦国BASARA4 皇』を原作にした“斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変”が開幕。初回公演前に、マスコミ・関係者向けの公開ゲネプロ公演が行われた。

 本作は、伊達政宗役に塩野瑛久を迎え、“斬劇”として生まれ変わった舞台版『戦国BASARA』シリーズの最新作。その名の通り、これまで以上に激しい殺陣アクションがくり広げられる作品に仕上がっている。

[関連記事]“斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変”上演間近! 伊達政宗・塩野瑛久さんにインタビュー&稽古場に潜入!

 公開ゲネプロ公演前に行われた挨拶には、本作の企画・監修を務める『戦国BASARA』シリーズプロデューサーの小林裕幸氏も登壇。シリーズディレクターの山本真氏が“斬劇”の名づけ親であることを明かし、「原作ものの舞台はミュージカルが多く、舞台『戦国BASARA』を観たことのない人からはミュージカルだと思われる。それが嫌で、“舞台”と書くのをやめ、文字で内容を伝えようとした」とその意図を語った。小林氏によれば、今回の作品ではまったくオリジナルの新しいストーリーが『戦国BASARA4 皇』の世界でくり広げられるとのことだ。

 加えて、約7年間にわたって舞台版『戦国BASARA』シリーズに出演してきた明智光秀役の谷口賢志が、本作をもって『戦国BASARA』シリーズを卒業。「激しい舞台ですから、毎回“これが最後”のつもりで挑んできましたが、いざ本当に卒業となるとこみ上げてくるものがあるのかなと思いつつ、まったくこみ上げてきませんでした(笑)。いいものを見せたい一心で稽古をしてきました。舞台『戦国BASARA』は“舞台に立ったら自分がいちばんだと思え”という精神でやってきたので、本能寺の変ですし、明智光秀ですから、主役を取るつもりで楽しみます」と意気込みを語った。

 キャスト・スタッフの挨拶の後には囲み取材が行われ、伊達政宗の塩野瑛久、真田幸村役の松村龍之介が登壇した。

――本作の見どころを教えてください。
松村 “斬劇”と読んで字のごとく、『戦国BASARA』と言ったら殺陣。刀のひと振りひと振りにキャラクターを込めて刀を振っているので、殺陣を介して見えるキャラクター像や武将たちのドラマ性にも注目していただけたら。殺陣はもちろん、個性豊かな武将たちのぶつかり合う物語はやっている自分もおもしろいですし、心に残る何かがあると思います。殺陣とその先にあるストーリー、世界観を存分に楽しんでください。

塩野 政宗の見どころはこの6本(六爪)になってしまうのですが、あまり「見てほしい」と言うと失敗したときが怖いです(笑)。今回は“本能寺の変”というタイトルで、『戦国BASARA』でもひとつの着地点が見える舞台。どこに向かっていくべき物語なのかが、お客さんに伝わりやすい舞台になっているんじゃないかなと思います。道筋やそこへ至るまでの感情もしっかりと作り込んで、演じ切りたいと思います。

――お互いの「ここがカッコイイ!」というポイントはどこでしょうか?
塩野 赤いです。
松村 そこ?(笑)
塩野 (笑)。わかりやすいですよね。真田幸村はアツくてまっすぐな男で、赤いんですけど青い部分もあって……。
松村 それ、褒めてる?(笑)
塩野 褒めてます(笑)。自分の行くべき道に迷ったりもする人間味のあるキャラクターで、政宗もそういうところがありますし、お互い刺激し合いながら成長していく部分が見えると思います。真田幸村と対峙するところは、やっていて燃えますし、楽しい部分でもあります。
松村 政宗の魅力は何と言ってもこのカリスマ性。幸村にはない魅力をたくさん持っているので、そこに惹かれるというのがいちばんです。「この政宗とぶつかって向き合っていけば間違いない」と、幸村のなかにあるんでしょうね。佐助とお館様とはまた違う心のよりどころというか、そういう魅力を持ったキャラクターです。僕だけではなくほかのキャラクターに対しても、凛として自分の信じた道を突き進む芯のあるキャラクターなので、リーダーシップがあると思います。

 つぎのページでは、劇中カットを多数含めて本作をリポート。ネタバレNG派の方はご注意を!

●日ノ本の止まっていた刻が再び動き出す!
 物語はいきなり、幸村と政宗による大人数での大立ち回りからスタート。冒頭から大迫力の殺陣アクションがくり広げられるが、ふたりの因縁の対決は信長が動き出したという一報を受けて打ち止めとなってしまう。禍々しさを感じさせるほど圧倒的な力を持つ信長、そしてその腹心として暗躍する光秀。ふたりが引く魔の糸は各地の武将たちを絡め、結び付け、“本能寺”へと紡がれるのだが……。

 オープニングでは、ゲームの主題歌でもあるT.M.Revolutionの「DOUBLE-DEAL」に乗せて、武将たちがつぎつぎと登場! 各キャラクターが特徴的な武器をド派手に操りながらゲームさながらのアクションを披露し、オープニングだけでも“斬劇”というタイトル通りのアクションを堪能することができる。

 それぞれの信念や想いが複雑に絡み合うなか、政宗と幸村は導かれるように光秀、そして信長のもとへ。果たしてふたりを始めとした武将たちが迎える結末とは……? 『戦国BASARA』ならではのアツい物語は、ぜひ劇場で体感していただきたい。東京公演(Zeppブルーシアター六本木)は7月1日(金)~7月10日(日) 、大阪公演(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)は7月16日(土)~7月18日(月・祝)上演予定。

●公演概要
◆公演タイトル:斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変
◆公演日程
・東京(Zeppブルーシアター六本木):2016年7月1日(金)~7月10日(日)
・大阪(梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ):2016年7月16日(土)~7月18日(月・祝)
◆入場料金:全席指定 7900円[税込]/非売品写真付きチケット 8400円[税込]
◆キャスト:塩野瑛久(伊達政宗)、松村龍之介(真田幸村)/井上正大(片倉小十郎)、椎名鯛造(猿飛佐助)、伊阪達也(前田慶次)、斉藤秀翼(島左近)/白又敦(長曾我部元親)、中山優貴(久彦・長曾我部元親親衛隊)、山口智也(武三・長曾我部元親親衛隊)、谷口賢志(明智光秀)/AKIRA(上杉謙信)、護あさな(雑賀孫市)/寿里(千利休)、汐崎アイル(後藤又兵衛)/唐橋充(織田信長)
◆スタッフ
・構成・演出・映像: ヨリコジュン
・原作:カプコン(『戦国BASARA』シリーズ)
・企画・原作監修:小林裕幸(カプコン)、山本真(カプコン)
・シナリオ協力:松野出
・東京主催: エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ、エイベックス・ヴァンガード、エースクルー・エンタテインメント、サンライズプロモーション東京/大阪主催: 斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変 大阪公演製作委員会

最終更新:7月1日(金)17時6分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。