ここから本文です

韓国で6人目のジカ熱感染者…ドミニカ訪問20代女性

WoW!Korea 7月1日(金)15時5分配信

韓国国内で6人目のジカ熱感染者が発生した。ドミニカ共和国に居住していたが去る6月23日に入国した28歳の未婚女性がジカ熱に感染した。現在、妊娠中ではないと確認された。

 韓国の疾病管理本部は、先月23日に入国した28歳の未婚女性L氏がジカ熱に感染したと1日、明らかにした。L氏は入国当時、米国と台湾を経由した。

 L氏は6月27日に発疹、関節痛、筋肉痛、結膜炎などの症状が初めて現れた。2日後の29日にソウル大病院に来院。30日午後9時30分ごろ、ジカ熱感染患者判定を受けた。現在、疾病管理本部はL氏がいつ、どこで、どのような経路で感染したのかを知るために詳しい疫学調査を進めている。疾病管理本部はL氏に入院検査を勧告する予定だ。

 これまで韓国でジカ熱に感染したと確定した人は5人だ。そのうち4人は全員発疹があり、対象者別に発別、関節痛、筋肉痛などの症状が1つ以上現れた。1人は感染者と一緒に旅行した兄で症状は出ておらず、感染の危険性の確認のために検査した結果、追加で確認された。

最終更新:7月1日(金)15時5分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。