ここから本文です

手倉森監督、ダジャレで金メダル宣言 「金を目指さないと“どう”にもこうにも」

デイリースポーツ 7月1日(金)15時20分配信

 日本サッカー協会が1日、リオデジャネイロ五輪日本代表メンバー18人を発表した。手倉森誠監督(48)は本大会の目標を、68年メキシコ五輪の銅メダルを超える金メダルに設定。「金メダルを目指さないと銅にも引っかからない。“どう”にもこうにもならない」と得意のダジャレで意気込みを語った。

【写真】リオ五輪で着用する新ユニホーム

 メンバーの顔ぶれは、有力視されていた海外組のFW久保裕也(22)=スイス・ヤングボーイズ=やMF南野拓実(21)=オーストリア・ザルツブルク=のほか、29日の南アフリカU-23代表戦で2得点したMF中島翔哉(21)=FC東京=やサイドバックのDF室屋成(22)=FC東京=といった負傷からの復帰組も選出。また、5月のトゥーロン国際で左膝を負傷したDF岩波拓也(22)=神戸=は南アフリカ戦に招集されなかったが、回復が順調と判断され招集された。

 メンバー発表の前には五輪予選通算で9連勝した経緯が動画で振り返られ、「あと6連勝で金メダル」というメッセージも表示された。「そうなれば金メダル。最低でもメダルを取れるように。金メダルを目指さなければ銅にも引っかからない。“どう”にもこうにもならない。だからこそ、一番上のメダルを目指してやりたいと思います」とニヤリと笑った。

 また、主将は変更せず、遠藤航(えんどう・わたる、浦和)で本大会に臨むと明言。「遠藤のままでリオに“わたり”ます」と名前にちなんで付け加え、報道陣からはわずかな反応があった。ダジャレとは違うが、会見の冒頭では「皆さんの思いが熱いのか、スポットライトが暑いのか、僕の思いが熱いのか…」とユーモアを交えて心境を語った。

 29日の南アフリカ戦では試合後のテレビインタビューでも、「手倉森ジャパンなだけに、手を使っちゃいました」と、ハンドの反則でPKを献上したことに引っかけて発言、インタビュアーを凍り付かせた。この日の会見で口にしたダジャレは過去に用いたものだが、手倉森イズムはそのままだった。

 もちろん、ただふざけているわけではない。メンバーから漏れた選手には「託す側にまわった選手は、日本サッカーの発展に関わり続ける選手になれ」とメッセージを発した。バックアップメンバーにまわったGK杉本、DF中谷、MF野津田、FW鈴木の4人には30日に直接電話をして、本メンバーには選ばないことを告げたと明かし、「4人とも快くバックアップで行きたいと快諾してくれました。彼らのようなメンタリティーが18人をよりたくましくしてくれるだろうと思っています」と熱く語った。

 全メンバーは以下の通り。※はオーバーエージ枠。

 ▽GK 櫛引政敏(鹿島)、中村航輔(柏)

 ▽DF ※塩谷司(広島)、※藤春廣輝(G大阪)、亀川諒史(福岡)、室屋成(FC東京)、植田直通(鹿島)、岩波拓也(神戸)、

 ▽MF 遠藤航(浦和)、南野拓実(ザルツブルク)、原川力(川崎)、大島僚太(川崎)、矢島慎也(岡山)、中島翔哉(FC東京)井手口陽介(G大阪)

 ▽FW ※興梠慎三(浦和)、久保裕也(ヤングボーイズ)、浅野拓磨(広島)

 バックアップメンバーは、以下の4人。

 ▽GK 杉本大地(徳島)、▽DF 中谷進之介(柏)、▽MF 野津田岳人(新潟)、▽FW 鈴木武蔵(新潟)

 また、練習相手となるトレーニングパートナーにU-19を中心に以下の5人が選ばれた。

 ▽GK 杉本大地(徳島)=バックアップと兼任、▽DF 小島雅也(仙台)、▽MF 渡辺皓太(東京Vユース)、冨安健洋(福岡)、小川航基(磐田)

最終更新:7月1日(金)18時52分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]