ここから本文です

ラッパー・IRON、新曲「SYSTEM」でGD・T.O.P(BIGBANG)をディスる…歌詞に波紋

WoW!Korea 7月1日(金)16時31分配信

韓国のラッパー、IRON(24)の新曲歌詞が物議を醸している。

 IRONは去る6月30日、音楽配信サイト等を通して自身が作詞した新曲「SYSTEM」を公開した。その中の3節目の歌詞に注目が集まっている。

G-DRAGONのプロフィールと写真

 歌詞には「ファンと浮気をして振られたふりをするGD X」、「ラップが下手なT.O.P X、代わりに転向して役者へ」など「BIGBANG」メンバーを皮肉る内容も見られる。

 また、「歌手は娼婦のようにPD(プロデューサー)の前に列を成し、目だけ笑って次の飯を待つ」、「請託を受け取る記者と警察」、「歌手の権利は死んで長い」、「メディアのカーテンの後ろに隠れた公爵スキャンダルに惑わされる大衆」、「目隠しさせた愚民政策」、「称賛しろ朴正煕、金大中」など、K-POP界および社会を批判した歌詞に視線が注がれている。

最終更新:7月1日(金)16時31分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。