ここから本文です

「矯正すると小顔に」「小顔効果は持続」の表示に“根拠なし” 小顔サービス業者9人に消費者庁が措置命令

ねとらぼ 7月1日(金)13時55分配信

 頭蓋骨の歪みやズレを矯正することで小顔効果が得られるとされる「小顔サービス」業。消費者庁は6月30日、小顔効果やその持続性をうたった広告に合理的な根拠がなく、景品表示法に違反するとして、小顔サービスを提供する9人の事業者に再発防止を求める措置命令を行いました。

【9人の小顔サービス事業者の詳細】

 事業者はそれぞれWebサイトで、得られる効果について「(頭蓋骨は)前頭骨・左右頭頂骨・左右側頭骨・後頭骨と6枚の骨で構成されており、各骨の動きを正常に調整し、少しずつ形を矯正することで全体的には大きな変化があると考えられます」「2~3回のアフターケアで小顔は固定されるため、何十回も通う必要はない」などと説明。頭蓋骨のパーツを矯正することで直ちに顔の幅が小さくなること、小顔効果は施術後も持続することを、文章や写真で示していました。

 消費者庁は事業者に表示の根拠を示す資料を求めたところ、9人中7人から提出があり、いずれにも表示の効果を裏付ける根拠はないと同庁は判断。消費者に対してサービスが実際よりも優良だと示しているため、景品表示法第7条第1項の規定に基づき、再発防止策を講じて今後は根拠なく同様の表示を行わないよう命じました。

 措置命令を受けたのは以下の事業者です。

・東京都中央区「磯部美容整体Vセンター」
・東京都中野区「トゥモローズライフ」
・東京都港区「レミスティック東京」
・「Dr.Body」など運営する東京都渋谷区「ナチュラルビューティラボ」
・大阪や東京で「小顔製作所」を運営する大阪府大阪市「Steed」
・大阪府大阪市「Kuken美容整体」
・大阪府大阪市「関西プロポーション小顔センター」
・福岡県福岡市「シンメトリー」
・福岡で「江戸町美容矯正専科」を運営する長崎県諫早市「MEDICALBODYDESIGN」

最終更新:7月1日(金)13時55分

ねとらぼ