ここから本文です

『ポケモン サン・ムーン』伝説のポケモン・ジガルデの正式リリースも到着!!

ファミ通.com 7月1日(金)22時51分配信

●ジガルデ・10%フォルム、ジガルデ・パーフェクトフォルムの公式イラストが公開!!
 ポケモンは、2016年11月18日に発売されるニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』について、最新情報を公開。伝説のポケモン・ジガルデに関する詳細情報が明らかになった。

以下、リリースより。

----------

伝説のポケモン ジガルデも登場!
前作『ポケットモンスター X・Y』にも登場した、伝説のポケモン「ジガルデ」。
『ポケットモンスター X・Y』では発見されていなかった新たなフォルムが『ポケットモンスター サン・ムーン』に登場します。
ジガルデは、複数の細胞のようなものでできており、それらがどのくらい集まったかによって、姿を変えるのです。

ジガルデ・50%フォルム
フォルム名:50%フォルム
分類:ちつじょポケモン
タイプ:ドラゴン・じめん
高さ:5.0m
重さ:305.0kg
特性:オーラブレイク/スワームチェンジ

生態系の監視者
ジガルデは、ポケモンたちの生態系に異常がないかを監視し、守る役目を担っている。

50%の力を残す
圧倒的な力を持っているが、これはまだ全細胞の50%が集まった姿。
まだ同じだけの余力を残しているのだ。

姿を変える特性「スワームチェンジ」
特性「スワームチェンジ」を持った「ジガルデ・10%フォルム」と「ジガルデ・50%フォルム」は、バトル中に自分のHPが半分を切ると、「ジガルデ・パーフェクトフォルム」になることができます。

ジガルデを構成する、「コア」と「セル」
ジガルデの各フォルムは、「コア」・「セル」と呼ばれる細胞のようなものが集まってできています。
「コア」・「セル」は、それぞれ単体でバトルする力はありません。
集まってはじめて、「ジガルデ」として活躍することができるのです。

ジガルデ・コア
ジガルデの脳となる ジガルデを構成する細胞のようなもので、わずかしか存在しない。
「コア」が脳となり、「セル」を集めることで、ジガルデのフォルムを作るのだ。

単独行動を取ることも
「コア」は自分の意志を持ち、単独で行動することもある。

ジガルデ・セル
脳以外の部分となる
「セル」は、脳以外の部分になる。 「コア」よりもたくさん存在し、アローラ地方の各地に存在している。

コアの指令で行動する
「セル」は、意思を持っていない。 常にコアの指令で行動するのだ。

ジガルデ・10%フォルム
フォルム名:10%フォルム
分類:ちつじょポケモン
タイプ:ドラゴン・じめん
高さ:1.2m
重さ:33.5kg
特性:オーラブレイク/スワームチェンジ

緊急用のフォルム
緊急事態が起きたとき、本体となる50%フォルムとは、別行動を取る。
1匹のコアで脳の役割を果たすため、短時間しか姿を維持できないのだ。

高い運動能力
バトルでは、鋭い牙で敵を圧倒する。
全速力で走ったときのスピードは、時速100キロを超える。

得意技「サウザンアロー」「サウザンウェーブ」
サウザンアローはジガルデだけが覚えることのできる技で、じめんタイプの技でありながら、ひこうタイプや特性が「ふゆう」のポケモンにも、ダメージを与えることができます。このわざを受けたひこうタイプや特性が「ふゆう」のポケモンは、その後、ほかのじめんタイプの攻撃でもダメージを受けるようになります。

サウザンウェーブはジガルデだけが覚えることのできる技で、相手は逃げたり交換したりできなくなります。

ジガルデ・パーフェクトフォルム
フォルム名:パーフェクトフォルム
分類:ちつじょポケモン
タイプ:ドラゴン・じめん
高さ:4.5m
重さ:610.0kg
特性:スワームチェンジ

ジガルデの完全な姿
ポケモンの生態系を守る使命を果たすべく、ジガルデがフルパワーで戦うためのバトル専用のフォルムだ。

変形する翼と尻尾
翼と尻尾は、それぞれに脳となるコアがあり、独自で判断し、自在に変形する。

得意技「コアパニッシャー」
コアパニッシャーはジガルデだけが覚えることのできる技で、使用すると、すでにそのターンに技を使用していた相手の特性を消すことができます。

最終更新:7月1日(金)22時51分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。